一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    3/25通院記録
    3月26日(土)は通院日でした。

    と言っても、そこで採った尿検査の結果は、まだしばらく時間がかかるということで、次回聞くことに。

    つまり、ほとんど何もない、定期診察?といった趣となりました。

    ステロイド(プレドニゾロン)が今日からついに、

    隔日1錠(5mg)

    になりました。

    この状態を1か月継続し、次の診察時にOKが出れば、ステロイド終了みたいです。

    あと、今週中に一度、有給休暇を取って、大腸肛門内科の方へ行くことに。
    先月以来、3度ほど鮮血を伴う血便があったもんで、念の為に診てもらうことになったんです。
    その際同時に腎臓内科へユリンメートで蓄尿した24時間分の尿を提出することになりました。

    ちなみに、

    血圧 126-56

    でした。ステロイド始めるまで、120台なんて滅多に出なかったんですが、最近はヘタすると130台のこともあります。。。


    【2006/03/27 00:35】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    マスクさまさま・ステロイドさまさま
    2006年になってから、自分は、ほとんどマスク無しで外を歩いたことがありません。
    この3か月弱の期間で全部合わせても5~6時間じゃないでしょうか?食事時を除いて外出中にマスク付けてなかった時間って。

    おかげで今年は中学の頃以来、ウン十年ぶりに「ひと冬風邪なし」で乗り切れそうです!

    でも、ここ数日、また街中で「ゴホゴホ」って声が少し目立つ気がしているので、3月末まではマスク着用してようと思います。

    それにはもう1つ理由が。

    ワタクシ、そこそこ重い花粉症持ちだったんですけど、今年は何と症状ほとんど何もなしです!(^0^)

    花粉症も小学校高学年以来の持病なので、こちらもウン十年ぶり。

    思わぬ副産物でした。

    マスクのことはそんな感じでいいことづくめです。

    男性にとっては、「ヒゲ剃らずに出歩いても、バレない」というマル秘のメリットもありますし(笑)

    一方ステロイドは、今、減らしていってる所ですが、意識から何故か外れてしまうことが多くて困ります。
    幸いなことに副作用があまり出ていないから、自覚が足りないのかもしれません。
    副作用らしい副作用と言えば、現在は「食欲の異常増加」くらいでしょうか。
    まるで高校時代のように(笑)、すぐにお腹がすきます。。。
    午前中が特にきつくて、昼まで持たなくなりそうになって、仕事抜け出して隠れてパンをかじったこともあります(苦笑)

    ステロイド(プレドニゾロン)の量は、9月からずっと35mg/隔日だったのが、先々週から20mg/隔日となっていまして、今日からついに10mg/隔日になったんです。

    しかし、、、

    間違えて20mg服用してしまいました。

    もともと隔日服用っていうのが、いつも間違えそうになって困ります。。。

    35mgの時は、朝5錠・昼2錠だったんですが、夕方になるまでその日がステロイド服用日だってことを忘れてました。
    毎月、偶数日なのか奇数日なのかで覚えてるので、月初めに勘違いリスクが増加・・・。

    で、その夕方まで飲み忘れてた日なんですが、ものすごくカラダがだるくなったんです。

    自分は幸い、それほど自覚できるステロイドの副作用はないのですが、1日夕方まで飲み忘れるだけで、こんなにツラくなるなんて・・・思いの他、ステロイドにカラダが依存しちゃってるんだな、と思いました。

    コメリアン(抗血小剤)、ディオバン(降圧剤)、パリエット(胃薬)なんかは、一日やそこら飲むの忘れた所で大勢に影響はないのかもしれませんが(それでも、しょっちゅうだと問題ありそうですね)、ステロイドって、やっぱり特殊な薬なんだな、と思いました。

    だからステロイドを切る時には、これだけ段階的にゆっくり切るんですね。
    【2006/03/21 00:07】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    3/4通院記録
    ステロイド3回目を2月1週目にやって以来、1か月ぶりの通院でした。
    結果はかつてなく良好でした。

    【尿検査(随時尿)の結果】

    ≪以下、正常値≫
    尿たんぱく半定量 0mg/dl
    尿たんぱく定量 20mg/dl以下
    尿NAG(尿細管) 0、9
    Glucos(糖) 104
    血圧 108-62

    ≪以下、異常値≫
    尿潜血 1+(11~13個くらい)
    白血球数 10、0
    赤血球数 4、54
    血小板数 238
    クレアチニン 1、12(横ばい)
    UA(尿酸値) 9、0
    LDL-C(コレステロール) 227
    IgA 115
    C3 88


    尿たんぱくに関しては、「ほぼ全く検出されず」という所まで来たそうです。

    「予後不良の場合、扁摘+ステロイドパルスは効果が期待しにくい」

    というのを、何かの本で読みましたし、医師の口ぶりも

    「やれる限りのことはやっておきましょう」

    という、まるで「末期が○」??って思うほど絶望的な口ぶりだったもんですから、自分は、

    「どーせ、精一杯治療しても10~15年、何もしなきゃ5年で透析じゃないか?」

    とか諦め気味に思っていた所も実はあったりしたんですが、腎機能低下の根源である「尿たんぱく」がほぼ消失しているということは、

    ワタクシの腎臓はここ最近、ほとんど損なわれていない

    ことを意味します。

    担当医師、そして病院側にとっても、この効果の程は予想してなかったみたいです。

    しかし、、、

    やはり「寛解」と言うには時期尚早だそうです。
    というか医師は、「全然違う、全くそんなんじゃないから油断すんじゃねえ!」と言いたげな感じでした。

    まだ「一時的に収まってる」という認識のようです。

    とは言え、

    ステロイドを35mg/隔日→20mg/隔日に減量

    することに決定しました!

    そして今後は2週間おきに、

    10mg→5mg→0!


    となるそうです。

    半年くらいはかけるのかと思っていたので、この速さはビックリです。

    でも、途中で尿たんぱくが増えてきたりした場合は、考えなおすこともあるのだそうです。

    なお、食事制限は従来どおり

    それと、気になっていた「血便」ですが、医師の見解では、やはり、

    抗血小板剤(コメリアン)のせいで、痔による出血が過剰になり止らないだけでは?

    とのことです。

    でも、私が少し心配そうにしていたせいか、

    「一応、念のため、大腸肛門科に紹介状出しておきますんで、都合のつく時に受診してみてはどうですか?」

    となりました。

    ≪検査結果より≫

    IgAとC3というもの(C3の概念は非常に難しく、医師の説明を聞いても理解不能でした)の比率がIgA腎症の判定の参考になることがあるそうです。
    これが3、05:1以上になると、腎生検をせずとも、「ほぼIgA腎症だろう」と推測できるのだそうです。
    もっとも、組織の状況次第で予後判定ができ、それによって治療も変わってくるので、腎生検はやって正解だったみたいですが。
    今でこそ、115:88という割と良好な比率ですが、昨年5月時点で280:100くらいだったようです。

    尿細管が私にとって重要なのは、腎生検の結果、自分の場合は「【糸球体】だけでなく、腎臓内の【間質】にも損傷がある」ということだったそうで、そうなると、尿細管の値(尿NAG)というのも注視すべき情報なのだそうです。
    ちなみに、間質が損傷していると、通常の糸球体腎炎に比べて、急速に腎機能を低下させてしまう危険性は高いそうです。
    自分の場合、一時期この値もずいぶん高くなっていたそうで、5、0を超えていた時もあったみたいですが、今は0、9。
    扁桃を取ってからは、ずっと2台未満です。




    【2006/03/05 02:32】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    通院の前
    しばらくこちらのブログの更新が滞りました。

    3回目のパルスが終わり、その後1か月は通院もないので、とりあえず決められた食事と薬だけ守っている状況です。

    もう3月なのですね。

    今年は中学の頃以来、初めて!

    風邪を引かずにひと冬乗り切れそう!!

    です。

    まだ油断は禁物ですけどね。

    勝因(?)は、

    ・緑茶でうがい
    ・マスク常時着用
    ・厳重な手洗い
    ・部屋の湿度を保つ
    ・常に暖かくする

    という基本をかなり徹底したことに加え、

    ・扁桃を取った

    ことが、かなり効いてるような感じがします。
    おそらく人生ではじめて?今年は一度もノドが痛くなりません。

    ってことはやっぱり、ノド(扁桃)から腎臓に来て発病したんでしょうかね。

    自分が初めて腎臓病を疑われ、病院へ検査に行ったのが、昨年3月でした。
    そう、自分、まだ病歴1年未満なんですよ~。

    そんな段階で検査結果の細かい変遷に一喜一憂しても仕方ないのでしょうね、本当は。

    明日は久々の通院です。
    ↑のように言ってはみても、やはりいつものことながら、ちょっとドキドキしています・・・。

    先日の「血便」は、その後ありません。
    でも2度も血便が出たっていうのは、やっぱりちょっと怖いので、念のため、そっちも診てもらってこようと思います。

    私事、演奏会があったので、少し疲れてはいますが、体調も半年くらい前よりずっといいような。
    でもこれだけ元気な感触があるのは、ひょっとしてステロイドのせいでしょうか?
    逆にもともと朝は弱いのですが、午前中は以前にも増してフラフラしてますね。
    でも最近は貧血っぽい感じがなくなったので、割と普段から体に力が入るというか、シャキっとしていられる感じで、仕事も趣味もはかどりますね。

    【2006/03/03 23:37】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    原因不明の血
    とりあえず最後の(?)入院を終え、1か月は通院もない、ということで、

    ・これまで通りの薬をちゃんと服用すること

    ・これまで通りの食事療法をちゃんと継続すること

    ・風邪をずぇーったいに!引かないこと

    これくらいしか、手の打ちようがない現状です。
    (食事制限については、多少緩和しても良いと言われましたが、怖いのと、どのみち外食時に多少なりとも制限を破ってしまっているので、家ではそのまま継続中)

    という具合に、あまり変わり映えもしない今日この頃ですが、
    (「腎臓病はドラマのない病気だ」ってどこかで読みましたが、だんだんわかる気がしてきます・・・)

    実は、1つ不安が発生しております。

    それは、

    【原因不明の血便が続いている」

    ことです。

    以下、食事中の方はお読みにならぬようご注意くださいませ

    1か月くらい前でしたでしょうか。

    1度トイレで、大きい方の便をした時に、まっ赤っ赤だったことがありまして、その時は一時的にかなりビックリはしていたんですが、次の日からまた元に戻ってしまったので、いつしか「血便をしてしまった」こと自体、忘れてしまってたんですね。

    そしたら、3日前になって、再発。

    そして、今日もまた。

    少し赤いっぽいとかじゃなくて、もうホントにまっ赤っ赤。
    鮮やかな赤い便なのです・・・。

    腎臓病の症状でこんなの聞いたことありません。

    大腸か何かで違う病気を持ってしまったのでしょうか??

    それとも、これもまた、ステロイドの副作用??

    少し読んだ情報では、胃とか小腸の異常だと、血が固まって黒くなってるそうで、自分のような真っ赤なのは、きっと大腸か肛門なのではないか、ということのようです。

    ってことは・・・

    ただの痔

    なのかも。コメリアン飲んでるから、出血が止まらないだけちゃうんじゃないの?

    って思うのですが、かつて痔気味だった時のような切り傷があるなーという痛みも全くない。

    腎臓の時に、やや発見が遅れた苦い経験がありますので、次の外来時に、このことは必ず医師に告げ、見解を聞こうと思いますが、まったく予測が付かないという意味で、楽観していいのか悲観していいのか、まったくわからず、少し心配です。
    【2006/02/20 02:18】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。