一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    セカンドオピニオン効果
    今朝、家を出ようとして、ふとカバンの中に薬を入れ忘れていることに気づきました。

    いま、毎朝ディオバン錠 半粒と、毎食後コメリアンコーワ50mgを処方されているのですが、このうちコメリアンコーワを職場へ持っていき、昼食後に飲む必要があるのです。

    しかし、、、なんとこのコメリアンコーワがこの時点で一錠もなくなってしまった。。。
    まだ次の通院まで3日もあるのに。
    1)切り取ったカケラがどっかに行ってしまったのか?
    それとも、
    2)最初から処方された量が足りなかったのか?
    あるいは、
    3)今まで処方された以上に飲んでしまったいたのか?

    ワタクシ、こういうことに関して自分のことをそんなに信用してませんので、たぶん1)だと思うのです(情けない)。

    で、自分の通院するJ医院は、我が職場からははるかに遠い場所にあるので、昼休みに職場近くの小さな病院へ行って特別に3日分のコメリアンコーワを処方してもらうことにしました。

    病院へ行くと、ふだんかかっているJ医院とは似ても似つかない素朴な施設。初診用に書かされた用紙も何だか黄ばんでいるし、待合室には人が2人くらいしかいない。
    院内は電気も暗いし、一応腎臓病に強みのある病院らしいが、雰囲気は「町医者」という言葉がピッタリな雰囲気でした。

    しかしここのお医者さん、大学病院(と言っても知ってるのは2つだけですが)に比べて、とても親身で暖かいカンジ。

    IgA腎症についても、普段かかっているJ医院とはまた少し違う見解や知識を提供してくれました。

    1つ、今までワタクシがしていた大きな誤解。

    ・症状が進行してなくても、塩分制限・たんぱく質制限はするに越したことはない

    これ、答えはブブーーー、×!

    なんですねぇ。

    塩分はたしかに通常の日本人は世界的に見ても摂取しすぎらしいのですが、それでも一日4gとか6gとか、そういう制限は腎機能がある程度落ちた時点でやるべきことらしい。

    その前にやってしまうと、尿量が減ったり、逆効果でもあるんだとか。
    たんぱく質も、あんまり最初っから落とすと、体力がなくなってしまうそう。

    いま、J医院で言われている食事制限は「塩分控えめに」。それだけで量の制限はナシ。

    やっぱそれでいいんだ、ってことを、この「町医者」さんから教わりました。

    やはり大学病院で通院する方針は容易に捨てにくい(この町医者さんからは、たまに大学病院へ行って、普段はウチに来れば?なんていわれましたが、、、)。

    でも、たまに違う角度で説明を聞くために「2人の主治医」を持っておくことは良いかもですね。

    だいたい「主治医」って言葉がいけないんだ。
    医者をまるで結婚相手のように一人しか選べないなんて、そもそもおかしい。
    それが「セカンドオピニオン」の考え方ですね。
    患者が医師の言いなりにならず、主体的に取捨選択していく、そういう時代なんです。

    今日の体調

    21:00
    体温 36、1度
    血圧 116-75
    脈拍 76

    体調 やや寝不足・・・
    スポンサーサイト

    【2005/06/30 01:35】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    この記事に対するコメント
    こんにちは♪
    思わぬことで、セカンドオピニオンを受けられてよかったですね。
    私もたんぱく質制限を始めたのは、腎機能が4割くらいになってからで、それまでは塩分制限のみでした。(私の場合はちょっと遅かったかも?)入院しても、食事は「塩分7g食」でたんぱく質制限なしでした。考え方としては、腎機能が5割になったら、たんぱく質も5割に落とすという感じのようです。

    家や会社の近くにかかりつけ医を持っておくと、何かと重宝すると思います。
    かぜなどで、大学病院に行くことはなかなか難しいですものね。
    【2005/06/30 12:32】 URL | kiisa #QX39o1GI[ 編集]

    kisa様

    こんばんは。
    そうなんですよね。
    必要以上に食事制限すると、今度は体力を損なってしまってよくないんですよね。

    そうですね、町医者?のありがたみを感じました。
    どうしても大学病院は患者をモルモットとして診ているのではないか?という偏見を持ってしまうところがありますしね。。。(1人1人の医師は良い方もたくさんいますけど)
    【2005/07/01 00:49】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    こんにちは。
    昨日のコメント、適当なことを書いてしまったのですが、当時のメモ書きがみつかりました。
    以前通っていた病院での「たんぱく質制限導入」の基準は、「腎機能が1/3以下の腎不全状態になった患者、あるいはクレアチニン1.5以上で進行性の病変の場合」とありました。走り書きなので、正確ではないかも…。今の病院はもう少し厳しいので、病院によって異なるのかもしれないです。

    あと今日、腎臓病セミナーに参加してきたのですが、クレアチニン5や10の状態で、5年、10年と残りの機能を維持されて、透析未導入の患者さんの例など、勇気の出る話をたくさん聞きました。クレアチニン20でも透析に至らず、自覚症状なしという方もいらっしゃったそうです。

    でもお勤めされている方は外食も多くなりますし、塩分を控えるだけでも大変ですよね…。
    【2005/07/01 19:14】 URL | kisa #QX39o1GI[ 編集]

    kisa様

    「たんぱく質制限」の導入基準、とても参考になります。
    ずっと「えー、いいのかな?」という思いがありましたので、安心しました(が、めちゃくちゃ取っていいってわけでもないので、気をつけるくらいはしますです)

    塩分はたしかに飲み会なんかに行くとすごいことになってる筈なので、日頃はちょっと余計に減らした方がいいのかもしれませんね、勤め人の腎臓病患者は。

    クレアチニン20でも透析導入しないって、尿毒症とかならないんですねー。
    クレアチニンだけでは計れないとは特に初期症状の場合はそうみたいですが、常にそうなんですね。
    【2005/07/03 00:40】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://tateratti.blog14.fc2.com/tb.php/9-c4fe6d22



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。