一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    3/4通院記録
    ステロイド3回目を2月1週目にやって以来、1か月ぶりの通院でした。
    結果はかつてなく良好でした。

    【尿検査(随時尿)の結果】

    ≪以下、正常値≫
    尿たんぱく半定量 0mg/dl
    尿たんぱく定量 20mg/dl以下
    尿NAG(尿細管) 0、9
    Glucos(糖) 104
    血圧 108-62

    ≪以下、異常値≫
    尿潜血 1+(11~13個くらい)
    白血球数 10、0
    赤血球数 4、54
    血小板数 238
    クレアチニン 1、12(横ばい)
    UA(尿酸値) 9、0
    LDL-C(コレステロール) 227
    IgA 115
    C3 88


    尿たんぱくに関しては、「ほぼ全く検出されず」という所まで来たそうです。

    「予後不良の場合、扁摘+ステロイドパルスは効果が期待しにくい」

    というのを、何かの本で読みましたし、医師の口ぶりも

    「やれる限りのことはやっておきましょう」

    という、まるで「末期が○」??って思うほど絶望的な口ぶりだったもんですから、自分は、

    「どーせ、精一杯治療しても10~15年、何もしなきゃ5年で透析じゃないか?」

    とか諦め気味に思っていた所も実はあったりしたんですが、腎機能低下の根源である「尿たんぱく」がほぼ消失しているということは、

    ワタクシの腎臓はここ最近、ほとんど損なわれていない

    ことを意味します。

    担当医師、そして病院側にとっても、この効果の程は予想してなかったみたいです。

    しかし、、、

    やはり「寛解」と言うには時期尚早だそうです。
    というか医師は、「全然違う、全くそんなんじゃないから油断すんじゃねえ!」と言いたげな感じでした。

    まだ「一時的に収まってる」という認識のようです。

    とは言え、

    ステロイドを35mg/隔日→20mg/隔日に減量

    することに決定しました!

    そして今後は2週間おきに、

    10mg→5mg→0!


    となるそうです。

    半年くらいはかけるのかと思っていたので、この速さはビックリです。

    でも、途中で尿たんぱくが増えてきたりした場合は、考えなおすこともあるのだそうです。

    なお、食事制限は従来どおり

    それと、気になっていた「血便」ですが、医師の見解では、やはり、

    抗血小板剤(コメリアン)のせいで、痔による出血が過剰になり止らないだけでは?

    とのことです。

    でも、私が少し心配そうにしていたせいか、

    「一応、念のため、大腸肛門科に紹介状出しておきますんで、都合のつく時に受診してみてはどうですか?」

    となりました。

    ≪検査結果より≫

    IgAとC3というもの(C3の概念は非常に難しく、医師の説明を聞いても理解不能でした)の比率がIgA腎症の判定の参考になることがあるそうです。
    これが3、05:1以上になると、腎生検をせずとも、「ほぼIgA腎症だろう」と推測できるのだそうです。
    もっとも、組織の状況次第で予後判定ができ、それによって治療も変わってくるので、腎生検はやって正解だったみたいですが。
    今でこそ、115:88という割と良好な比率ですが、昨年5月時点で280:100くらいだったようです。

    尿細管が私にとって重要なのは、腎生検の結果、自分の場合は「【糸球体】だけでなく、腎臓内の【間質】にも損傷がある」ということだったそうで、そうなると、尿細管の値(尿NAG)というのも注視すべき情報なのだそうです。
    ちなみに、間質が損傷していると、通常の糸球体腎炎に比べて、急速に腎機能を低下させてしまう危険性は高いそうです。
    自分の場合、一時期この値もずいぶん高くなっていたそうで、5、0を超えていた時もあったみたいですが、今は0、9。
    扁桃を取ってからは、ずっと2台未満です。



    スポンサーサイト

    【2006/03/05 02:32】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    この記事に対するコメント
    こんにちは、お久しぶりです。

    尿蛋白が0に近いなんて、すごいすごい!そんなこともあるんですねぇ!私はまさに「途中で尿たんぱくが増えてきた」ケース。。。たかが尿たんぱく、されど尿蛋白?ここ6ヶ月くらい、尿蛋白におどらされています。せっかくステロイドが終わったけれど、まだまだ寛解にはほど遠いようで。。。

    IgAとC3の関係、そんなことも説明してもらえるんですね~。病気のことを詳しく知ると、全然知らないよりは断然安心できますよね。
    【2006/03/05 04:57】 URL | RIE #mQop/nM.[ 編集]

    順調でよかったですね。
    尿タンパクほぼ0でうらやましいですね。私は相変わらずです。食事制限は始めて3ヶ月ですが検査結果は効果なしです。
    血便はコメリアンのせいですかね。私もコメリアン飲んでるので出血に気をつけたいです。一応大腸肛門科も受診したほうが良さそうですね。早期治療は良いことではないかと思います。
    【2006/03/06 17:23】 URL | borta #-[ 編集]

    RIEさん

    ご無沙汰しております。
    RIEさんのブログはとても情報量が多くていつも参考にさせていただいております~。

    本当に、何も知らないとムダな不安ばかり増えてよくないですよね。
    確かに結果が悪い時は、知れば知るほどイヤな気持ちにもなりましたけど、でも知らずにいるよりは遥かにいいと思いました。

    bortaさん

    こんばんは。
    尿たんぱくは、ステロイドをこれから減量していくにつれて、また増加してこないか、それが不安ですね。

    血便は、やはり「痔」の可能性が高いようで、お恥ずかしい(^^;)
    でも、腎炎ではイマイチ「早期発見」ではなかったので、今度こそきちんと診てもらいます!
    【2006/03/07 00:38】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    久しぶりです
    免疫のメカニズムて、本当に難しいですよね。勉強するのあきらめてます。

    IgA腎症が落ち着いて、生活も充実されているのかしら。
    ではまた
    【2006/03/12 12:52】 URL | レナ #Mc.KE39I[ 編集]

    レナさん


    お久しぶりです~。
    免疫系の話はホント、わからないですね、、、。

    おっしゃるとおり、最近ちょっと油断してるかもしれません。
    でもステロイド減量中なので、いろいろ気をつけるべきなんですよね。
    それに、生活は何も変わってませんし・・・。

    レナさんは就職活動、頑張ってるみたいですね。
    いろいろ工夫されてるようで、すごいなあと思います。
    レナさんにとって、いい就職ができることを影ながらお祈りしてますよ!
    【2006/03/14 02:48】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    タテラッツィさん、こんにちは。
    尿たんぱく検出されず、ってすごいですね。
    おめでとうございます!
    私もステロイドの効果というよりも、(たぶん)
    降圧薬の方がよく効いて、1日0.2gという
    ところまで来ました~。

    今回の記事とても勉強になりました。
    「尿細管の値(尿NAG)」というのは初耳です。
    そういえば昔「尿細管がどうのこうの」と言われたことはありますが
    聞き流してました(汗)検査項目に入っているか
    自分のデータをチェックしてみたいと思います。



    【2006/03/17 12:37】 URL | kisa #QX39o1GI[ 編集]

    kisaさん

    どうもです~。
    降圧剤で0、2g/日まで減るんですね~。
    自分も検出されずと言っても、実際はそれくらいは出てるかもしれません。

    尿細管については、これまで言われたことはなかったので、自分も意外でした。
    でも、ブログでヘタなこと書くと、もし違ってたらマズイですよね。
    もう一度通院時に確認してみます。
    【2006/03/20 02:24】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://tateratti.blog14.fc2.com/tb.php/87-c45e0ea9



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。