一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    入院拒否・・・
    注:今回は本編と同じ内容です。

    昨日は帰宅直後にバタンキュー。

    「おいおい、入院の準備はいいのか?
    どーせ、毎晩午前様じゃ何もしてないだろ、お前。」

    って思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

    実はワタクシ、、、、、
















    入院拒否されました!




    ここは、昨日の午後、ワタクシとJ医院の「仁義なき戦い」一部始終をレポした方が話が早そうです。

    金曜午後、仕事をしているとJ医院の入院係から電話がかかってきました。
    当初より、病室が空いてるかどうかの連絡は前日午後に電話で、ってことになっているので、この点は予定通り。
    そして、過去4回の入院では、希望通り、「多人数室(差額ベッド代不要)」に入ることができたので、「今回もまあ心配ないだろ」と思いつつ電話に出ます。


    (ブー、ブー)←ケータイのバイブ音

    自分:「はい、もしもし」

    入院係:「J医院、入院係の○△と申します」

    自分:「あー、はいはい、連絡ありがとうございます。で、どうでした?」

    入院係:「明日からの入院ですが、ベッドの方が差額ベッド代が1日につき11195円かかる2人部屋しかお取りすることができませんでした」

    自分:「えー、そうなんですか。。。ということは3日で3万強、入院費が追加でかかってくるわけですね??自分の病気って、入院を1~2週間遅らせてどうこうってもんでもないから、それならお金もったいないし(←ケチくさすぎ)、来週以降の土日の入院でもいいんですけど、、、。でも、いつもなんだかんだ言って大丈夫だったのに、今回は何でダメだったんですか?・・・」

    入院係:「申し訳ないのですが、来週以降でも、やはり多人数室はお取りできなくなる可能性があります。前日にならないと、退院が長引いてしまう患者さんがどれくらい出るかの見込みが付かないんです。今日の場合は、そういう方が多くいらっしゃいまして、、、」

    自分:「なるほど、了解しました。それでは、今回は2人部屋でいいですよ。」

    入院係:「はい、それでは入院に当たっての留意事項ですが、、、(持ってくるものなどいろいろ説明)」

    自分:「はい、大丈夫です。もう今年だけで4度も入院してますんで(苦笑)」

    入院係:「あ、そうですよね(^^;)で、次に少しお伺いしたいことがありますが、タテラッツィ様は今、風邪かインフルエンザにはなってらっしゃいませんか?

    自分:「大丈夫です。」

    入院係:「それでは身近な方で、いま、風邪かインフルエンザにかかっている方はいらっしゃいますか?」

    自分:「ええと、そうですね・・・自分の上司が昨日38度台の熱を出して、今日は仕事を休んじゃいましたけどね。まあインフルエンザかどうかはわかりませんけど、それくらいですかね。あーでも、その人、昨日はずっとマスク付けてましたし、自分も最近、周りで咳してる人多いから仕事中はずっとマスクしてます」

    入院係:「そうですか。いえ実は、そういう場合、残念ながら入院をお断りさせていただく場合がありまして、、、医師の方とご相談いたしまして、後ほど改めてお電話させていただいてもよろしいですか?」

    自分:「あ、はい、どうぞ~。お願いします。」

    (30分後)

    K医師:「J医院腎臓内科のワタクシ、Kと申します。タテラッツィさんですね」

    自分:「(うほっ、K医師って言ったら、腎臓内科ナンバー2の先生じゃん!こんなエライ人がオレのケータイに??)はい、そうですが」

    K医師:「ええと、上司の方がインフルエンザだそうですね」

    自分:「(ニュアンス歪んで伝わってるな~)いえ、インフルエンザかどうかは全然わかりません。熱があって咳が出ているだけなようです。」

    K医師:「その上司の方が熱を出したのはいつですか?」

    自分:「昨日、木曜日だそうです。で、今日、金曜日は仕事休んでいますので、まったく接触してません。」

    K医師:「そうですか。いずれにしましても、今回のステロイドパルス療法は、薬物の大量投与により体の免疫力を相当下げてしまいますので、万一、この投与期間にタテラッツィさんにインフルエンザが発症した場合、通常のインフルエンザよりも遥かに重い症状となって、危険がある可能性があります。当医院の感染症の専門家とも今、相談させてもらいましたが、上司の方が熱を出してから3日経ってもタテラッツィさんに症状が現れなかったら、その時は大丈夫ではないか?という話でした。週明け、月曜日くらいになって大丈夫でしたらそこから入院いただくことも可能ですが、どうしますか?」

    自分:「いえ、自分はもう今年度で5回目の入院になりますし、なるべく仕事は休みたくないので、【土日を含めての2泊3日】というリクエストを常にしていますし、それでいつもやってもらっているんですよ~。来週か再来週がいいんですが、来週はちょっと用事がいろいろあって、、、再来週にしてもらえませんか?でも、、、現実的に言って、納得いかない点が2点あるんですよ。まず1点目は、私の上司も私もともにマスク付けてたんですよ。日常生活で電車乗ったり街中歩いてたら、やっぱり感染する可能性なんていくらでもあるじゃないですか?それに比べたら、双方ともにマスク着用してた状態って、感染する確率はそう高くないと思うんですけど。で、2点目ですが、自分、インフルエンザの予防接種を既に受けてますし、今現在、すごく元気なんですよ。そのあたりを総合的に考えると、他の患者さんと比べて自分のリスクがそう高いとは思えないんですけどねぇ。」

    K医師:「それでは日程の方は、再来週でリクエストしておきますね。明日からの場合、2人部屋しかお取りできなかったんですが、もともと多人数室でご希望ですよね?そうしましたら、それで取れるよう、私の方から取り計らってみます」

    自分:「どうもありがとうございます」

    K医師:「それから、リスクについてですが、まず1点目に、マスクがどれだけ感染を防ぐ力があるのかは、何とも言えないところがあります。2点目に、予防接種を受けていても、風邪は引きますし、インフルエンザでも別の型だと罹ってしまうのです。これは【確率】の問題ではなく、【万一起きたら】というレベルの問題です。たしかに電車など不特定多数の人との接触もしているでしょうが、それは計り知れない部分です。しかし、身近でふだん一緒に仕事をしているという上司の方とは、確実に接触はしているわけで、当方としては、そういう状況にあってリスクを負うことは避けるべきだという考えです。」

    自分:「それは院内感染を避けたいということもあります?」

    K医師:「いや、それは第一の理由にはなりません。何よりも、ステロイドパルスという、体の免疫力を極端に落としてしまう治療を今回行うため、治療に安全を尽くしたいということが、最大の理由です。入院前日になって、いろいろご予定もおありでしたでしょうが、申し訳ありません。どうかご了解ください。」

    自分:「なるほど、わかりました。それでは、また再来週にお電話ください」


    ----------------------------------

    以上が事の顛末。
    もちろん電話の内容をテープレコーダーに記録したわけでも何でもないので、だいたいのニュアンスにしか過ぎませんが。

    この結果、予定がいろいろ狂わされました。。。

    ・今週末、病院で寝てるだけの予定だったので、ヒマヒマ星人になった!(笑)
    →いくつか聴きに行きたかったけれど「うー入院じゃ、残念!」ってコンサートがあったので、体調と相談して(今週、入院までの「駆け込み~」とか言ってずいぶん遊び倒したもので・・・)、そのうち1つ2つ出かけてみようかと思います


    ・再来週、急遽入院することになり、その前後の予定をいくつかキャンセルする必要が、、、。
    →仕事はなるべく穴を開けないよう組んだので良いのですが、土日なもので問題はマンドリンの方ですね。。。


    【追記】
    しかし、ステロイドパルスって治療は考えてみたら、わずか3日の間に錠剤に換算すると300粒もの薬を体内に投与しているわけで、かなりの「劇薬治療」なんですね。

    「錠剤で300粒」って、、、自殺志願者の図ですよね。

    あーそうか、だから点滴投与なのかぁ(←たぶん、違う)

    あまり副作用などがないもので、気付きにくいことでしたが、改めて自分のやっている治療の重さを感じました。
    (正直、ちょっと納得してない部分もありますが^^;)
    風邪・インフルエンザについては、今後ますます、「絶対阻止」の態勢にのぞもうと思います。
    スポンサーサイト

    【2006/01/21 10:51】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |

    この記事に対するコメント
    こんにちは。
    こんな話、初めて聞いたので、驚いています。
    家族がインフルエンザとかならまだわかりますが、
    上司が風邪でダメなら、満員電車で風邪の人が
    隣にいたでもダメなんじゃないですかねぇ。
    そんなこと言い始めたら、冬の間の入院はダメに
    なってしまいます…。なんだかおかしな話ですね。
    それにしても突然入院の予定が変更だなんて、
    本当に困りますね。

    早く春になってほしいですね。
    お互い、予防に励みましょう~。
    【2006/01/21 17:35】 URL | kisa #QX39o1GI[ 編集]

    はじめまして。

    去年の5月から読ませて頂いています。
    私もJ大の患者です。
    「タテラッツィ さん、この雪の中、病院に向かったのかなー」と思いながらアクセスしてみると、
    「えっ?!」。
    前日拒否だなんて・・・。
    私も近々入院するんです。それで、退院されたらタテラッツィさんにいろいろお聞きしたいナと思ってたんです。
    こういうこともあり得るんだと参考になりました。
    早く入院日が確定するとよいですね。
    また来ます。
    【2006/01/21 17:53】 URL | そふぃ #-[ 編集]

    kisaさん

    ホントウにそうですね、納得はいきませんよ、もちろん!(笑)

    でも、それだけ風邪・インフルエンザをきっちり予防しないといけないんだな、ということは今回の件で学べました。

    あと2か月くらいの我慢でしょうか。
    頑張りましょうね\(^0^)/

    >そふぃさん

    はじめまして、ようこそ!!

    5月から読んでいただいてたなんて!心強い方がいらっしゃるものです。ありがたいことだと思いました。

    しかも同じJ大病院のなかーまさんなんですね。
    そふぃさんもステロイドパルスなのでしょうか??

    ちなみに入院日は2月3日になりました。
    あとはまた「差額ベッド」になってしまうかどうかの問題はありますが・・・。

    それでは、またぜひお越しください!
    【2006/01/22 17:27】 URL | タテラッツィ #3Tc3eSNQ[ 編集]

    こんにちは、
    わたしも、ベッドいっぱいで入院できなかったときに病院の入院予約係の人じゃなくて、直接お医者さんにお願いしていれてもらったことがあります。

    お医者さんからのオーダーだとあいてるところを都合つけてくれるんで普段から仲良くしてると言いことあるんだなって思いました。
    ベッドの空きが全然ないはずはないですから。
    【2006/01/22 20:13】 URL | レナ #wKIXt1/s[ 編集]

    レナさん

    なるほど、何事も人間関係次第ってーことですな~。

    >ベッドの空きが全然ないはずはないですから。

    そうなのか・・・。
    よく入院するときに、菓子折りとか持っていく患者さんがいるとか聞いたことがあって、「んな、アホな」って自分は思ってたんですが、ちゃんと見返りもあるのかもしれませんね、こりゃ。。。

    でもレナさんの場合、なんだかナチュラルに人間関係築いてそうですね~。
    【2006/01/22 23:49】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    タテラッツィさんが言われた内容って 事前に言われてなくて直前に言われるのが特に納得いきませんね。
    【2006/01/23 19:14】 URL | かのん #-[ 編集]

    かのんさん

    そうです!
    直前も直前、前日ですよ!

    もっとも、以前の入院時も「身近に風邪かインフルエンザの方はいますか?」は聞かれた気はしますが(たしか入院初日だったような)。

    まあ実際、上司はインフルエンザだったらしく、まだ仕事休んでる状態で、それを考えると、万一ってこともあったのかな、、、とは思いますけどね(^^;)
    【2006/01/24 02:11】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    病院側が急に何か言ってきた場合、考えられるのは・・・
    「急遽対応しなくてはいけない何かが起こっている」か「緊急事例」みたいなものがあるという可能性もありますよね。
    それこそ、今冬のインフルエンザは流行時期が早くなったことと、新型が出てくるんじゃないか?という2重の要因があるので、病院側が神経質になっても不思議じゃないかも・・・。
    そういう事情もちょっと考えてみて、安心して医療を提供してもらおう!と思うしかないですよね(^^
    【2006/01/24 13:03】 URL | 華好 #-[ 編集]

    二人部屋になりそうになった件ですが、私も経験があります。
    4ヶ月も前に入院予約(入院予定14日)をして入院当日に「二人部屋しか空いてないんですが」といわれました。その日に入院したのは、結構年齢が上の人ばかりでした。結局違う病棟に入院したのですが、若い人であまり文句を言わないような人はそんな対応なのかも知れませんね。
    タテラッツィさんも応対をみれば、この人なら文句言わないだろうって思われてるかもです。でもこっちは簡単には病院を変えたくないって気持ちもあるから、と思ったりするんですが、そこは家の財務担当の妻が「(差額ベット代なんて)払えないです。何とかしてください」といってしのぎました。
    病院に対して、文句は言えなくても、意見・希望は言った方かいいと思っています。
    【2006/01/24 20:45】 URL | borta #-[ 編集]

    華好さん

    >それこそ、今冬のインフルエンザは流行時期が早くなったことと、新型が出てくるんじゃないか?という2重の要因があるので、病院側が神経質になっても不思議じゃないかも・・・。

    それは確かにありますよね。
    病院側もおそらくステロイドパルスというものへ万全を期したいということもあって、インフルエンザのことも含めてこういう対処をしたのかもしれません。

    >bortaさん

    いえいえ、実はこの記録は会話をかなりはしょっておりまして、実際はもっと食い下がってます(笑)。自分はまったくもっておとなしいタイプではないですよ(^^;)

    でもたしかに
    >「(差額ベット代なんて)払えないです。何とかしてください」
    くらいは言えたらよかったですねえ。

    自分にも「財務担当」がいればなあ(笑)
    【2006/01/25 01:35】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://tateratti.blog14.fc2.com/tb.php/81-8013b0c9



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。