一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    10/17通院記録
    通常は2週間おきくらいの頻度で土曜日に通院しているんですが、今週は特別に月曜に行ってきました。

    【最新検査値10・17時点】
    ( )内は基準値
    Hは基準値より高い・Lは基準値より低いことを示します

    Cre(クレアチニン) 1、14H(0、8-1、3)
    BUN 21H mg/dl(8-20)
    UA(尿酸値) 8、2H mg/dl(3、5-7、9)
    A/G 2、3H (1、3-2、0)
    T-Cho(総コレステロール) 208mg/dl(150-219)
    TG(中性脂肪) 72mg/dl(50-149)
    赤血球数 410L (438-577)
    白血球数 9100(3500-9700)
    Hb(ヘモグロビン) 12、4L g/dl(13、6-18、6)
    Hct(ヘマトクリット)36、2L (40、4-51、9)
    尿タンパク定量 30H mg/dl(-)
    血尿 4+ H
    血圧 125-68
    脈拍 76


    ≪コメント≫
    あんまり良くない。
    BUNが過去最低。これは腎機能の判断に関係してくる数値なので気になるところ。クレアチニンもごくわずかながら前回より上昇。
    ただし、各種円柱の量が減少傾向。これは尿に漏れ出ている白血球のカスの量が減っているっていうことなので、つまりは腎臓の炎症自体がある程度抑制されていることを示します。

    今日は曜日が違うので、いつもの外来で受診する時の先生ではなく、入院時の主治医の先生。
    腎臓病ってのは、治療法が確立されておらず、かなり微妙なところがあるので、同じ病院でも先生によって少しずつ言ってることが違ったりします。
    そういう点では、こうして時々違う曜日に他の先生の診察を受けて、「同病院内セカンドオピニオン」状態っていうのも悪くない気がしています。

    ≪聴いてきた話≫
    通常は「たんぱく制限」を課するのは、プロトコル上ではクレアチニンクリアランス60未満。
    しかし、自分の場合は腎生検の結果が「予後不良群」のため、クレアチニンクリアランス80ある現在でも、制限する必要があると判断したんだとか。

    ≪成人の生活指導区分≫
    A~Eまであります。
    Aだと絶対安静
    Eはほとんど通常どおりの生活

    自分はCとDの間くらいの生活制限が必要な状態だそうです。
    (一応Cを目安にするが、厳格な適用は現在のところはしなくていいとのこと)

    C:中程度制限
    「通勤・通学」 片道1時間程度
    「勤務内容」 事務であれば職業・出張可能
           一般手作業・器械操作では深夜・時間外勤務、出張は避ける
    「家事」   通常の家事、育児も可
    「学生生活」 通常の学生生活、軽い体育は可、文化系部活動は可
    「家庭・余暇活動」 早足散歩、自転車(4~5メッツ以下)


    D:軽度制限
    「通勤・通学」 片道2時間程度
    「勤務内容」 肉体労働は制限
           それ以外は普通勤務
           残業・出張可
    「家事」   通常の家事、軽いパート勤務
    「学生生活」 通常の学生生活、一般の体育は可、体育系部活動は制限
    「家庭・余暇活動」 軽いジョギング、卓球、テニス(5~6メッツ以下)
    スポンサーサイト

    【2005/10/18 00:51】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    この記事に対するコメント
    久しぶりです。
    この病気はデータの数値で一喜一憂してしまうんですよね。
    大事になさってね。

    私は透析になるのに7年くらいだったんだけど、時間とクレアチニンの上昇は正比例の直線ではなかったです。
    2くらいまでは比較的ゆっくりで5年くらいかけて、2をこえてからはあっというまに透析導入でした。

    さて、来週から移植で入院します。
    元気になったらまた遊びにいますね。
    【2005/10/19 12:17】 URL | レナ #-[ 編集]

    レナさん

    ご無沙汰です。
    ついに、移植ですね!!

    月並みなことしか言えないけど、早く元気になって戻ってきてください。
    応援してます!

    クレアチニンはホント、目安にしかならないみたいで。とにかくあんま一喜一憂せず地道に食事療法や生活習慣の改善に取り組みしかないのかなー。
    【2005/10/21 01:08】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    腎移植、肝移植を必要とされる患者様方へ

    中国国際移植支援ネットワークセンターでは毎年腎移植だけでも100例以上、
    肝移植で20例程度日本人の患者様方のサポートをさせていただいております。
    最近ではヤフーやグーグルでも最も信頼されるサポートセンターとして常にTOp
    のアクセスを頂いております。
    まだまだ日本では多くの患者の方が中国での信頼できるサポートセンターを知ら
    ないがために、移植待ち待機患者として何年も順番待っておられます。
    透析5年を超えると動脈硬化や合併症等と伴って移植における危険性も増えてき
    ます。
    移植ができる内に対処すべきことは言うまでもありません。もちろん一般の患者
    の方々はこちらの実態を知らないですので当然の事だと思います。
    先日お越しになられたO型患者は以前こちらで移植された患者のご紹介でした
    が、単身でお越しになり、3週間で移植を終え元気に飛行機で帰って行かれまし
    た。この患者は”こんなにスムースに移植ができて元気になれた自分が信じられ
    ません”と感激ひとしおで、さらに”目がとてもよく見えるんです”と移植にお
    けるそれ以上の副次効果になれ、患者様が喜ぶ他にはありませんでした。
    現在中国でも外国人枠に関して衛生部の指示により、中々以前のようにスムースに運ばなくなっている現状がありますが、当支援センターにおいては、現在も
    当該関係を保有しております。
    12月と1月は1年で最もドナーのでる時期であり、患者様にあっては
    唯一待機時間が少ない時期となります。お仕事をお持ちになられる患者様方には2,3ヶ月の待機は難しい事となります。もし移植をお考えでありましたらこの
    時期を逃さないでください。
    こちらの移植センターでは全て日本人スタッフが24時間看護をします。
    まずは一度ご自分の目で見て頂きたいと思います。こちらには往復5,6万来るこ
    とができます。病院は上海復旦大学付属中山医院、中国最大急の最新鋭の施設を
    持った病院です。こちらをご見学頂き先生に移植の有無を確認頂ければと思いま
    す。
    患者の皆様方に透析のないすばらしい第二の人生を築いて頂ければと、スッタフ
    一同願っております。
    取り急ぎご連絡まで

    所在地:中国遼寧省瀋陽市瀋河区恵工街124号中韓ビル16階5 、6室
    電 話:86-24-22514701 22514702 22514703
    Fax :86-24- 22514760
    サポートセンター上海事務所
    電話:86-021-64741273 64033769
    FAX:86-021-64741267
    e-mail:info@zoukiishoku.com
    URL :http://www.zoukiishoku.com
    ※国際電話の掛け方(86は中国国番号です。日本からお掛けになる場合はKDD等の国際通話番号を回した後、86からお回しください。)

    【2005/12/15 17:42】 URL | zoukiishoku #mQop/nM.[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://tateratti.blog14.fc2.com/tb.php/57-9710ced0



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。