一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    健康診断
    明日(っていうか、もう今日だ)から入院になりましたー。

    いよいよこれから半年くらいかけてステロイドパルス療法開始です。

    入院後は1本にまとめて「本編」でのみブログ更新いたしますー。ご了承ください。m(_ _)m

    それにさきがけ?今日は職場の通常の健康診断

    たまたま入院前日になりましたが、ステロイド投与前、最後の状態がわかって良いかもしれませんね。

    胸部レントゲン・随時尿・採血・血圧・心電図・肺活量・身長・体重・体脂肪・BMI・視力・聴力などなど。

    ここ最近、病院で受けた検査がほとんど。

    いつもの年なら「あれ、これってどんな検査だっけ?」みたいになってるものが、えらくスムーズに受診できました。いいのか悪いのか。。。

    血液検査と尿検査の結果が早くも出ていたので、教えてもらってきました。

    クレアチニン 1、5
    尿酸 8、7
    赤血球 384
    ヘモグロビン 12、1
    ヘマトグリット 33、9
    血圧 111-68
    尿たんぱく 3+
    総たんぱく 6、7
    アルブミン 4、4
    血尿 不明

    目を疑いました・・・。

    クレアチニン、1、5???

    これはちょっと耐え難い数値です。

    なにせ、7月の時点でワタクシのクレアチニンは1、08.
    なぜ1ヶ月やそこらでこれほど上がる??
    医療機関によって、検査数値の算定方法が違うのか?
    気になるので、明日、先生に合ったら真っ先にこれを聞こうと思います。

    ただ、ここ1~2週間の体調を考えると、実際に悪化していても何ら驚くには値しないことも事実。

    特に今週は酷い。
    帰宅後、実はブログ更新とメールをいくつか書いたこと以外にほとんど何1つプライベートなことをしてません。
    というか、帰宅して食事すると力尽きて2~3時間眠ってしまうので、もう何もできないんです。
    一度目覚めて、こうしてブログ更新し、メールチェックだけして、また寝るっていう感じが、最近の生活。夏バテもあるんですかね?夏と冬は腎臓の状態が悪化する人、多いみたいですし・・・。

    入院して体調も戻さないとですね。

    というか、明日早いのに、荷物の準備が終わってないので、PCの回線切らねば・・・!
    スポンサーサイト

    【2005/09/01 02:24】 健康管理 | TRACKBACK(2) | COMMENT(6) |

    この記事に対するコメント
    タテラッツイさん、こんばんは。
    明日から入院なんですね。
    のんびりするつもりで、休息を取ってきてくださいね。
    お医者さんに頑張ってもらってください。
    【2005/09/01 22:55】 URL | いしはら #81/lD5GQ[ 編集]

    こんにちは^^

    ブログ2つの更新は大変そうですよね><
    本格的にブログを一本化したら教えて下さい^^
    リンク先をかえますね^^
    【2005/09/02 15:24】 URL | かのん #-[ 編集]

    いしはら様

    そうですね、お医者さんとナースの皆さんにはすごく頑張ってもらってますので、こちらも勇気づけられます。
    自分はホントいい夏のバカンスですね(^^)/~~~
    【2005/09/02 18:49】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    かのん様

    元々、病気発覚前は一本でやってたのですが、あちらは趣味的なのに絞って分けたんですよ~。でも入院中だけは携帯での更新なのであっちに絞らせてもらってます(^_^;)

    退院したらまたこちらも再開しますのでよろしくお願いします~。
    【2005/09/02 18:54】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]

    は~い^^

    では リンク先はこのままにさせて頂きますね^^
    こちらこそ これからもよろしくお願いします♪
    【2005/09/02 23:19】 URL | かのん #-[ 編集]

    かのんサマ

    リンクをつなぎとめていただき、どもでしたー。
    こちらこそ、かのんさんのブログ、頼らせてもらってます!
    これからもよろしくですー。
    【2005/09/04 21:49】 URL | タテラッツィ #ggqQnB9U[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    http://tateratti.blog14.fc2.com/tb.php/41-d15f866a

    ヘモグロビンヘモグロビン(hemoglobin)とは、人体の血液中に存在する赤血球の中にある蛋白質である。酸素分子と結合する性質を持ち、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っている。鉄イオンがあるため、赤|赤色を帯びている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666; 健康食品の栄養事典【2007/08/09 13:35】

    アルブミンアルブミンは一群のタンパク質に名づけられた総称で、卵白(albumen)を語源とし、卵白の構成タンパク質のうちの約65%を占める主成分タンパク質に対して命名され、さらにこれとよく似た生化学的性質を有するタンパク質の総称として採用されている。代表的なものに 健康食品の栄養事典【2007/08/09 13:53】



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。