一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    01 | 2006/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    原因不明の血
    とりあえず最後の(?)入院を終え、1か月は通院もない、ということで、

    ・これまで通りの薬をちゃんと服用すること

    ・これまで通りの食事療法をちゃんと継続すること

    ・風邪をずぇーったいに!引かないこと

    これくらいしか、手の打ちようがない現状です。
    (食事制限については、多少緩和しても良いと言われましたが、怖いのと、どのみち外食時に多少なりとも制限を破ってしまっているので、家ではそのまま継続中)

    という具合に、あまり変わり映えもしない今日この頃ですが、
    (「腎臓病はドラマのない病気だ」ってどこかで読みましたが、だんだんわかる気がしてきます・・・)

    実は、1つ不安が発生しております。

    それは、

    【原因不明の血便が続いている」

    ことです。

    以下、食事中の方はお読みにならぬようご注意くださいませ

    1か月くらい前でしたでしょうか。

    1度トイレで、大きい方の便をした時に、まっ赤っ赤だったことがありまして、その時は一時的にかなりビックリはしていたんですが、次の日からまた元に戻ってしまったので、いつしか「血便をしてしまった」こと自体、忘れてしまってたんですね。

    そしたら、3日前になって、再発。

    そして、今日もまた。

    少し赤いっぽいとかじゃなくて、もうホントにまっ赤っ赤。
    鮮やかな赤い便なのです・・・。

    腎臓病の症状でこんなの聞いたことありません。

    大腸か何かで違う病気を持ってしまったのでしょうか??

    それとも、これもまた、ステロイドの副作用??

    少し読んだ情報では、胃とか小腸の異常だと、血が固まって黒くなってるそうで、自分のような真っ赤なのは、きっと大腸か肛門なのではないか、ということのようです。

    ってことは・・・

    ただの痔

    なのかも。コメリアン飲んでるから、出血が止まらないだけちゃうんじゃないの?

    って思うのですが、かつて痔気味だった時のような切り傷があるなーという痛みも全くない。

    腎臓の時に、やや発見が遅れた苦い経験がありますので、次の外来時に、このことは必ず医師に告げ、見解を聞こうと思いますが、まったく予測が付かないという意味で、楽観していいのか悲観していいのか、まったくわからず、少し心配です。
    スポンサーサイト
    【2006/02/20 02:18】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    目が・・・
    3回目のパルスも終了。

    入院中のことは一日一善本編の2月3~5日あたりで書かせていただきました。

    ある医師の口からは「寛解」というコトバまで飛び出たのですが、

    ・血尿 3+
    ・尿たんぱく 0、44g/DAY

    この状態で「寛解」って・・・という感じがしますです。

    ただ、半年前(ステロイド開始前)は1、5~1、8g/DAYくらいの尿たんぱくが出ていたので、それを考えるとすごい効果ではあります。

    あと医師には、「扁摘したのがかなり良かったみたい」と言われました。
    検査値のどのあたりを指してそう言っているのかが、いまいち曖昧でわからなかったのですが。

    2/3~5入院時のデータ

    クレアチニン 1、14
    クレアチニン・クリアランス 87、5
    血圧 120-62
    尿酸値 7、6
    コレステロール 220

    コレステロールが心配・・・。

    それから、ステロイドやっていて最近まであまり自覚できる副作用もなかったのですが、ここに来て【視力が落ちました】

    裸眼視力(片目)が、わずか3か月で0、5→0、2に。

    こんなに違うとは!

    もしかしたら計り方が違うとか、そういう要素による所もあるのかもしれないですが。。。

    あまりにもモノが見えないので、今日、思わずメガネを作ってしまいました。

    一応コンタクトは持ってるけど、もう2年以上も付けてないし、メガネは5年くらい付けてないんです(以前のは壊れた)。

    このまま視力回復しないとなると困りますねぇ。。。

    何故?って、

    ワタクシ、メガネが似合わないのです(笑)

    【2006/02/10 02:32】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    今度こそ入院決定!!
    今度こそ入院です!(^0^)
    病院からTELありました。

    一度「拒否されている」いきさつはコチラ参照

    入院するのに(^0^)なんて顔文字使うほど嬉しいとは、これいかに?って感じもしますが・・・。
    いやはやとりあえず安心しました。

    そして今回はちゃんと「大部屋」ゲットでした。
    差額ベッド代払わずに済みます。やれやれ。

    しかしいま、本格的に体調に不安が。。。

    「こんなに体調悪くて入院できるのか?」

    という実におかしな不安(笑)を抱いていたりします。

    いやこれが風邪とかインフルエンザだったら本当にまたもや「拒否」ってなるのでヤバイんですが、これはきっと純粋に「疲れから来る腎臓・血液系の体調不良」かと思われます(なおさら悪いという気がしなくもない)。
    だからまあ「ステロイド」やることで持ち直しそうな気はします。

    そういえば、

    「冬場は腎機能をイッキに悪くする人が多くて、なかなか退院にならず、病室が空かないんですよ。」

    とお医者さんが言ってました。

    なるほど、自分の入院延期の原因はそこだったか。

    っていうかヒトゴトじゃないですね。

    入院したら久々に詳細な現状の検査値がはじき出されると思うのですが、正直かなり落ちてしまっていたらどうしようか??とガクガクブルブルものなのです。

    何となく、クレアチニンとBUNが上がってそうな気がしますです。

    しかし、昨年夏から続いた一連の治療

    扁桃腺摘出+ステロイド・パルス×3セット療法

    はこれで一区切りです。

    あとはステロイドを減らしつつあと半年くらいは続けるのでしょうけれど。

    それ以降は、

    降圧剤+コメリアン+食事療法+ムリのない生活

    に加えて、せいぜいフィッシュオイルくらいでしょうか?
    (フィッシュオイルについては、医師から、「ステロイド終わってから試してみましょうか」と言われています)

    にしても、これまでは何だかんだ言っても、ワタクシの腎臓、

    ステロイドに助けられてた

    面があったのかな、という気がします。

    だからここ数ヶ月、体調はそれほど悪くなかったし、少々であればムリも効いてしまい、正直、

    「オレ、本当に病人なの??」

    と考えてしまうことさえありました。
    (慢性腎炎の場合、そもそも自覚症状はあまりないわけですが、でもステロイドやる前はもっと疲れやすかった気がするんです)

    そういえば入院中に今年のGWに東京国際フォーラムで開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日)」のチケットが発売されるんですよね(4日土曜日)。

    今年はモーツァルト生誕250周年ってことで、モーツァルトとその周辺の作曲家ばかりが、わずか4日の間に200公演!も行われるようです。

    「モーツァルトよりショスタコ生誕100年でしょ」

    一日一善本編では天邪鬼に?主張している私ではありますが、この「ラ・フォル・ジュルネ」という好企画(奏者粒そろい、珍しい曲も聴ける、値段激安1500円~3000円、そして連休中・マンドリンもオフシーズン!)に乗っからない手はないでしょう。
    プレオーダーで2点だけ確保はしましたが(古典四重奏団とカリユステ指揮のレクイエム)、ピアニスト児玉桃さんの出る演奏会と室内楽バージョンで行われる歌劇「コジファントゥッテ」は聴きたいな、と思っております。

    ちなみに今回はレクイエムをカリユステとミシェル・コルボという2人の指揮者が振るんですね。
    「コルボのモツレク」(モーツァルトのレクイエム)と言えば、CD業界では定盤とされているものですし、これはまず今回の「熱狂の日」全体の中でも目玉商品の1つでしょう。

    しかし、おそらく日本ではあまりまだ知られていないカリユステさん、こちらもコルボとは全く違うアプローチをすると思われますが、相当期待大なんです。

    カリユステはエストニアフィルハーモニック合唱団(?)の指揮者です。この合唱団、「歌の国」バルト三国を代表する合唱団だけあって、とんでもない高水準合唱団です。
    合唱のことなんかてんでわからない自分でさえ、彼らのコンサート行った時に

    「あーこの水準のは、まず絶対に日本には存在しないな」

    と思ったものでした。

    あれはなんて言うんですかね?
    音程が正確?
    いんやいんや、そんな「音楽的に」解決できるものではなさそう。
    一人ひとりのレベルがもともと高い上に、お互いがよく聴きあい、その上に優れた指揮者と、対象となる曲への深い理解と共感があるということなのでしょうか。

    彼らが歌ったペルト「リタニ」なんかは、その澄み切った歌声に、不覚にも涙出そうになりました。

    というわけで、自分はこのカリユステには超期待というわけです。

    でもコルボもすごく好き(モーツァルトもいいけどフォーレのレクイエムが更にいいんですが)なので、これはハシゴ確実ですね。

    GWは本来、旅をしたい派なのですが、今年は東京都心で過ごすこととなりそうです(そういえば非常に興味を惹かれるマンドリンコンサートもあることですしね)。
    【2006/02/03 00:35】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。