一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    11 | 2005/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    浮腫んだ
    先日、コメント欄で「強力粉」はたんぱく質が少ないと書いてしまったのですが、たんぱく質が少ないのは、「強力粉」ではなく「薄力粉」でした。
    申し訳ありません。訂正いたします。

    ---------------------------------------------------------------

    昨日、本編の方で「体調が良い!」なんて書いたらバチが当たったのでしょうか・・・?

    今日は起きた瞬間から体調が悪いことを実感。
    なんだか体が言うことを利かない。
    なんなのでしょう・・・?

    そして鏡で自分の顔を見てビックリ!
    顔がえらく浮腫んでいたのです。

    こんなに浮腫んだのは、今年の3月に午前様まで仕事した翌日の朝以来のこと。

    浮腫んだ原因はいろいろ考えられます。

    ・ステロイドの副作用がついに来てしまった

    ・前日、飲み会で少々酒を飲みすぎたため(と言っても焼酎水割り2杯+ウイスキー水割り1杯くらい)

    ・前日、塩分を摂りすぎたため(もしかしたら、うかつにも10gくらい摂ってしまったかも・・・)

    どれも同等に考えられます。

    ということで、昼間はほとんど寝ておりました。
    で、とにかく溜まった水分を尿にして出してしまおう、ということで紅茶や緑茶を大量に飲み、出かける予定をキャンセルして家でのんびり過ごした所、夜になってようやく体調が戻ってきて、浮腫みもほぼなくなりました。

    ステロイド中の飲酒については、特に言及されているものを読んだことがないのですが、あんまり飲んじゃいけないんですかね・・・。

    明日もまた忘年会なんですが、明日はツマミには少ししか手を出さず、酒もほとんど呑まない禁欲スタイルで臨もうと思います。


    スポンサーサイト
    【2005/12/30 00:20】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7) |

    12月24日通院記録
    来年、1月21日~23日までステロイドパルス3クール目をやることに決定。
    入院手続きも済ませてきました。
    これが終われば、とりあえずもう入院もないですね。
    (パルスも外来でやる人がいるそうですが)

    前回12月3日の外来時の採血と随時尿の結果をもらってきました。
    (↑↓は対前回比)

    Cre(クレアチニン) 1、14 ↑
    BUN(尿素窒素) 17 ↓
    UA(尿酸値) 8、3 ↑
    Hb(ヘモグロビン) 12、3 →
    Hct(ヘマトクリット) 38、1 ↑

    本日の血圧 118-46
    (下が・・・・)

    前回はパルス入院時のものなので、あまり参考にならず、今回の状態がほぼ現状の自分の状態と考えて良いとのこと。

    うーん、まずまず?

    しかし、1つ、医師から大きなクリスマスプレゼントをもらってきました!!

    それは↓のコトバ!


    「尿たんぱく、ほぼ検出されてないです」

    これは一番ウレシイですね。

    とりあえず、今のところは腎機能が損なわれていないってことですよね?これって。

    で、医師に言われたのは、

    「もし、薬も食事制限もやらなかったら、こうはならなかった。やはり頑張った効果は出てるんですね」

    というお言葉。

    自分は、結局のところ腎生検の結果が「予後不良」なので、あまり細かい結果に一喜一憂しちゃいけない!とは思うのですが、まあ良い時は都合良く受け取り、悪い時は、「何がいけなかったか」の反省だけしたら、あとはケロっと忘れることにしましょう~。
    【2005/12/25 02:06】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    忘年会シーズン対策
    忘年会シーズン真っ盛りです。

    自分の場合、仕事関係だけでなく、趣味(マンドリンという楽器)の関係でもいくつか忘年会があるので、楽しいものではありますが、なかなか経済的にも食事制限的にも困ったもんです(^^;)

    最近だと、
    12月17、19、25、28、30日

    といったペースで呑むお店に行く機会があります。

    普段はあまりノンベエじゃない自分としては、これはかなり多いんです。

    食事制限としても、たまに制限オーバーするくらいなら正直なところ、

    「まあ今日くらいは特別!」

    ってなっちゃう日もあるんですが、↑のようなペースで「今日は特別!」とかやってたら、行きつく所は・・・。

    そこで、これからの飲み会対策として、

    けんこうじゃんを毎回持参
    ・事前に何か食べて行き、その会の中ではあまりたくさん食べないようにしておく
    ・その日の朝・昼の塩分・たんぱく質摂取量を普段以上に抑える

    そんなことで対応しようかな、と思います。

    【2005/12/23 22:53】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    リンク追加
    リンクに

    「内部障害者・内臓疾患者の暮らしについて考えるハート・プラスの会」

    様を追加いたしました(相互リンク)

    会HPより

    「内部障害・内部疾患」というハンディがこの国ではまだ充分に認識されていません。

     身体に不自由があっても、外観からは判らないため“自宅で”“電車の中で”“学校で”“職場で”“スーパーで”
     「辛い、しんどい」と声に出せず我慢している人がいます。
     一般社会にそんな人々の存在を視覚的に示し、理解の第一歩とするため、このマークは生まれました。
     病名、症状、障害団体の枠を超え、広がっています。


    ある腎臓病の方のウェブサイト(どこだったかは失念・・・)で、調子が悪くて、電車やバスでどうしても座りたいのに、まだ若いからシルバーシートに座っちゃうと白い目で見られる、あげくには「いい若いモンがまったくねえ・・・」なんて文句まで言われる。それが、この「ハート・プラス」のロゴを胸に着用して乗車するようになって以来、そういうことを言われることは一切なくなった、という話を読みました。

    実は今回のマンドリン五重奏コンサートの公演プログラムの表紙にこのマークを付けさせていただいたんです。

    今回のお客様のほとんどは、病気とは無縁な健康な方たちだろうとは思いつつ、いや、むしろそういう健康な方にこそ、事情を知ってもらいたくて掲載したんです。

    幸い自分は、まだそんなに症状が悪いわけではないので、電車などで少しくらい立っていても特に問題はありません(少し貧血なので、30分くらい連続で立ってると、シンドイことはありますが)。

    しかし、将来の自分が大丈夫かっていうと、自信はない(むしろ医師には、「遅かれ早かれ・・・」などと言われてますもので)し、今現在、この問題で苦しんでいる人がたくさんいることを知っているので、掲載したわけです。
    【2005/12/19 01:43】 ブログ管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    塩分控えめフレンチ
    先日来、自分の演奏会の告知をしたばかりで更新を止めてしまっておりました。
    「健康管理」という観点ではちょっと反則気味の生活だったもので・・・(薬と食事療法は概ねきちんと実行し続けてますケドね♪)

    さて、今回はその演奏会の打ち上げで使わせていただいたフランス料理店が、塩分制限についてとても理解のあるお店でしたので、ご案内いたします。

    ※たんぱく質はそれなりにあると思います。たんぱく制限50g以上の方向けかな、と思います

    ビストロ・プレザン

    ↑夜に行った所、この写真より、もっと雰囲気良かったです

    コースで3780円でした(ワイン代込みで5000円くらい)。そこらへんの居酒屋でもそれくらいフツウにかかることを考えたら、これってすごくいいですね。

    前菜を10種類くらいから1品
    メインを魚から1品、肉から1品
    という構成

    通常だと、塩分のあるソースなどが料理にかかって出てくるのですが、それを一切避け、レモンだけで食べる形で全メニューを出していただきました。
    また、どのメニューだと素材に最初っから塩を入れてしまっているか、というようなことも、いちいち奥の厨房に行って確認することもなく、ウエイトレスの方(店長の奥さん?娘さん?)が教えてくれました。

    自分はこういうオーダーがフランス料理店でできるとは思ってなかったので、驚きました(もっとも、そのことは電話予約時に確認済みでした)。

    【メニュー一覧】

    20051217193657.jpg


    20051217202530.jpg


    20051217200550.jpg


    20051217210117.jpg



    【2005/12/19 00:38】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    腎臓に優しい演奏会です!
    ↓でも告知させていただきました、ワタクシが立ち上げましたマンドリン五重奏団les Cinq(レサンク)の演奏会ですが、休憩時間にデザートをお出しいたします。

    そこで、代表者(エラそう・・)のワタクシの権限で、そのデザートの一部をこんなものにしてみました。

    4)ムースアガロリー

    腎臓に優しいたんぱく質0、2gのムース状デザート

    味は、

    マンゴー、洋ナシ、レモンレアチーズ、プレーンヨーグルト、ブルーベリー、いちごミルクの6種類

    ・腎不全、透析患者では、たんぱく質、リン、カリウム制限のため敬遠されていた乳製品デザートとして、初めて、高エネルギー、低たんぱく、低リン、低カリウムを実現しました。

    ・1カップ67gあたり、エネルギー160kcal、たんぱく質0、2g、カリウム23~41mg、ナトリウム21~23mg
    ・いちごミルク味、マンゴー味、プレーンヨーグルト味、レモンレアチーズ味、ブルーベリー味の5種類

    というわけで、一般のデザートはおそらく6~9g程度のたんぱく質があるものと思われますので、

    「ちょっとな~・・・」

    っていう方は、こちらを召し上がっていただけます!

    それからフリアンという焼き菓子もあり、こちらはたんぱく質2~4g程度だと思いますので、比較的とっつきやすいかもしれません。

    というわけで、もしよろしければ、デザートの様子見がてら、ぜひ聴きに来てみてくださいませ。

    (お客様はワタクシたちメンバーの知人ばかりというわけでもないので、お気軽にご入場いただけます♪)

    マンドリン五重奏団 les Cinq結成演奏会

    日時:2005年12月17日 開場:15:00 開演15:30
    場所:日本福音ルーテル小石川教会
    http://www.din.or.jp/~kenmiura/
    (JR山手線巣鴨駅徒歩10分、都営三田線千石駅徒歩5分)
    入場料:当日券のみ500円(ステキなお茶菓子付き!)

    ※前売り券の販売はいたしません。ご了承ください。

    【曲目】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.3-6(A.Vivaldi)
    「目覚めよ、と叫ぶ人の声あり」BWV465(J.S.Bach・久松祥三編)
    セントポール組曲(G.Holst・安藤雅人編)

    (休憩 ステキなお茶菓子をどうぞ!)

    チェチェリアーナ"マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲"(C.Mandonico)
    組曲「ドリー」(G.Faure・安藤雅人編)

    les Cinqホームページ http://www.geocities.jp/tso_memo/les_Cinq.html

    【2005/12/17 00:19】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    健康管理とは関係ないんですが・・・
    自分が設立発起人の五重奏団の演奏会がありますので、告知させてください。

    腎臓病で頑張ってる仲間の皆様におかれましては、tatecchoあっとまーくyahoo(以下略)までメールいただければ特別無料招待といたしますので、ぜひいらしてください~!

    マンドリン五重奏団 les Cinq結成演奏会

    日時:2005年12月17日 開場:15:00 開演15:30
    場所:日本福音ルーテル小石川教会
    http://www.din.or.jp/~kenmiura/
    (JR山手線巣鴨駅徒歩10分、都営三田線千石駅徒歩5分)
    入場料:当日券のみ500円(ステキなお茶菓子付き!)
    ※前売り券の販売はいたしません。ご了承ください。

    【曲目】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.3-6(A.Vivaldi)
    「目覚めよ、と叫ぶ人の声あり」BWV465(J.S.Bach・久松祥三編)
    セントポール組曲(G.Holst・安藤雅人編)

    (休憩 ステキなお茶菓子をどうぞ!)

    チェチェリアーナ"マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲"(C.Mandonico)
    組曲「ドリー」(G.Faure・安藤雅人編)

    les Cinqホームページ http://www.geocities.jp/tso_memo/les_Cinq.html


    なお、「お菓子」については、低たんぱくのものをいくつか、ご用意しておこうと思っています!

    以下、つい先ほど書いてたプログラム用原稿(ボツくさいのですが・・・)(^^;)

    ※プライバシー保護のため、固有名詞を一部ぼかしてあります

    【les Cinq結成に当たって】
    les Cinqは、2004年8月に東京で結成されたHMDTSO(Mn)・FRYSNK(Mn)・ANDMST(Md)・タテラッツィ(Mc)・KMDHRYK(Gt)から成るマンドリン五重奏団です。
    メンバーはそれぞれ日頃は社会人マンドリンオーケストラ(リベルテ、東京ツプフアンサンブル、“未完成』等)に所属し、活動しています(コンサートマスター及びパートトップを担当)。
    私たちは普段、マンドリンオケという大きな編成で音楽を奏でています。しかし、中には小編成のアンサンブルで表現できる、いやむしろそうした編成の方が向いている音楽がたくさんあることを知りました。また、指揮者なしの小アンサンブルで、お互いに呼吸を合わせてじっくりと音楽を作っていく作業は、非常に多くの困難を抱えつつも、とてもやり甲斐のある作業であることも、知りました。そうした経験を日常的に体験する場を求め、そして我々はles Cinqを結成しました。

    【les Cinqのコンセプト】
    les Cinqとはフランス語で「5つの・5人の」という意味です。
    近代音楽史を紐解くと、20世紀初頭のフランスに「6人組」という作曲家グループが存在したことがわかります。我々の名は僭越ながら、彼ら「6人組」に由来しております。
    オーリック・ミヨー・プーランク・オネゲル・タイユフェール・デュレから成るこのグループの存在は、ご存知ない人の方が多いかもしれません。というのも、彼らが活躍した20世紀初頭と言えば、ワーグナー風の濃厚で劇的な作品や複雑難解で革新的な現代音楽が幅を利かせていた時代です。そんな時代にあっても彼らは「無駄な装飾を捨てた簡素で率直な表現、明晰な構造、民衆的な笑いと知恵、日常性に根ざした芸術」を目指しました。しかし、そんな彼らの姿勢は時代に受け入れられず、「偉大でも革新的でもない、取るに足らないもの」として、音楽史の上では切り捨てられることになったのです。しかし、時代が変わり、技法の革新にばかり目が行っていた現代音楽の歩みが行き詰ってしまった今、6人組の気取りのない自然体の音楽は、次々と見直されるようになってきています。
    我々がこのles Cinqで表現したい音楽、それは「孤高の天才の芸術」ではありません。フランス6人組が目指した「等身大の若者のメッセージ」を発信できればと思います。そして、お客様が演奏者と一緒に至福の午後の時間を感じることができる、そんな手作り感覚の演奏会を目指しています。
     
    【les Cinqで演奏していきたい音楽】
    私たちは普段、大合奏のマンドリンオケの中にあって、重厚で時には激しい感情表出を伴うような音楽をよく演奏します。そうした体験は確かに非常に魅力的なものです。しかし私たちは、大編成ではなかなか演奏されない、「明晰な構造を持った古典音楽」や、「近現代音楽の中でも、鮮やかで親しみやすい響きを持った作品」の中に、マンドリン合奏に適したものがまだまだたくさんあるのではないか?と考えました。

    具体的なレパートリーとしては、
    ・バロック、古典音楽
    ・バロック、古典音楽への回帰を志向した近現代の音楽

    を中心に取り上げていきたいと考えています。

    les Cinq 設立発起人 タテラッツィ


    【2005/12/08 02:17】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    12/3通院記録
    ストロイドパルス2クール目の入院以降、久々の通院。

    今は病状は安定しているので、月1の通院ペースで構わないとのこと。
    (検査のための通院や入院を除く)

    採血と尿検査をしましたが、結果は次回ということで、今日は新着データなし。

    前回入院時の「尿たんぱく0、2g/day未満」はかなりいい状態だと、外来の先生からもお墨付きをもらいました♪

    BUNが23と以前より上昇中なのはステロイドの影響もあるかもしれないので特に気にしなくていいが、尿酸値に気をつけた方がいいと言われました。
    入院時に6台まで下がったので安心していたのですが、「入院中は特別なので(参考にならない)」とか言われてしまった・・・。

    あと気になるのが血圧の上昇。

    今日は、132-56

    最近、ずいぶん高くなってきました。

    なぜ??
    かなり心配です。

    次回、パルス3クール目は1月か2月初旬に実施予定。

    また、今日はインフルエンザの予防接種を受け、本日は風呂禁止、明朝シャワーを浴びる場合も、室温を高くしてからシャワー浴びるように!とのこと。体を冷やさないように、との配慮なのでしょう。
    【2005/12/04 02:21】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

    禁断のリポビタンD
    腎臓病って、基本的に自覚症状のない病気だと言います。

    自分の場合は、「疲れやすくなった」ということ以外、特に何の自覚症状もないです(あと、疲れてくると足が少しむくみ出すくらいかな)。

    ここ一週間くらい、かなり疲れる生活をしていたんですが、ついに今日、仕事中にフラフラになってしまいました。

    で、仕方なく仕事を抜け出して購入したのは、

    リポビタンD

    病気が発覚する今年の春まで、自分は少しでも疲れてくるとすぐこの「リポD」に頼ってました。
    結構効くんです。いや、むしろ効き過ぎて怖い。
    かなり疲れが溜って、歩くのも難儀な状態になってても、リポD飲めば、ある程度また動けてしまうのですから。
    でもそれって、きっと体に相当ムリがかかっているハズ。

    なので、腎臓病が発覚して以来、カラダの危険信号は素の状態で感じていたいと思うようになりまして、リポDなどの滋養強壮の健康ドリンクは飲まないことにしました。

    疲れを感じたら、ムリしないで寝てろっていう合図だと思うことにしたんです。

    でも、最近は、深夜とまでは行かないけど22時くらいまで仕事することが増えてきて、結構キツくなりました。
    健康な時でも22時まで仕事ってのは、ある程度は疲れるものです。
    病人にとってはほとんど限界値かもしれない・・・。
    でも仕事はあるし、帰れない。

    そこで、ついに今日の夕方、禁断のリポビタンDに約9か月ぶりに手を出してしまいました・・・。

    そしたら、なんだか夜もそれなりに仕事がはかどったんですね。

    でも、やっぱりリポDにもらった元気は本当の元気じゃない気がする。
    まさに「カラ元気」ってヤツなのではないか?
    そう思うと、やっぱり頻繁に飲むのは辞めておこう。

    たぶん、リポDの成分そのものが腎臓に悪影響とかはないんでしょうけど、体の危険信号を見過ごしてしまうという点ではある種の麻薬です。

    さて、そんなことより、風邪とインフルエンザの予防っていうのが今、自分の健康上最大の関心事です。

    イソジンのうがいは効果なし!?

    これ、かなり皆さん興味持っている話のようです。
    中でも腎臓を患っている人なら、誰もが関心のある話ではないでしょうか?

    ちょっと調べてみました。

    まず、↓の記事が発生源みたいです(ヤフーニュースに載っていたようですが、既に記事は残っていません)

    風邪の予防には水でうがいを ヨード液では予防効果なし

     風邪の予防には水でうがいすることが効果的であることを、京都大保健管理センターの川村孝教授(内科学・疫学)らが全国調査で確かめた。水のうがいで風邪の発症率が4割低くなったが、ヨード液のうがいには明確な予防効果はなかったという。
     18歳から65歳の男女384人を、▽1日3回以上水でうがい▽同様にヨード液でうがい▽うがいしない-の3集団に無作為で分け、冬(12月から翌年3月)に風邪をひくか調べた。うがいの効果を無作為で選んだ集団の比較で調べたのは世界で初めて。
     1カ月の発症率は、うがいをしない人の26%に対し、水うがいは17%と低く、年齢構成などを考慮して補正すると発症率はちょうど4割低く、かぜの予防効果が認められた。一方、ヨード液うがいの発症率は24%で、うがいなしと統計的に明確な違いはなかった。
     川村教授は「古くから言われてきた水うがいに予防効果が確かにあった。海外にはうがいの習慣はあまりないようだが、その予防効果を世界に発信したい」という。一方、ヨード液のうがいについて「風邪をひいたあとの消毒効果は否定していないが、予防効果が認められなかったのは意外。粘膜細胞への作用なども考えないといけないのかも知れない」という。
     また、風邪をひいた人への抗炎症薬(ロキソプロフェン)の効果も別の集団で調査。初期の重い症状を和らげる効果は認められたが、投薬しない人に比べ治癒が遅くなる傾向も見られ、「早く風邪を治したいから薬を飲み続けるのは考え直した方がいいのでは」(後藤雅史助手)という。
    (京都新聞) - 10月28日19時35分更新


    それから、お茶のうがいについても疑問視する声が。。。

    結局、素人にはわかりにくいのですが、イソジンよりは緑茶の方が「打率が高そう」という程度の印象で、自分は最近すっかり緑茶でうがい派に。
    ちなみに本当なら外出時は常にマスクをしたいのですがね、一年の半年以上ずっと外でマスクをするわけにもいかんでしょう・・・。

    【2005/12/01 23:39】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。