一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    風邪予防大(?)作戦
    腎臓を患ってる場合、風邪は大敵。
    3悪が待っています。

    【1悪】免疫力がない!(そういった薬を服用している場合)

    ステロイド剤を服用してることで免疫が下がってるので、抵抗力がなく、すぐかかってしまう

    【2悪】風邪引きっぱなし!

    運悪く風邪にかかってしまった場合、通常の人の2~3倍の期間、直らないそうな・・・

    【3悪】腎機能の低下・・・

    そして、当然一番怖いのが、風邪を引くこと自体が腎臓にかなりの悪影響っていうこと。
    というか、風邪そのものがIgA腎症の原因であることもありうるらしく(IgA腎症発症のメカニズムは解明されてないそうですが、推測として)、一度風邪引くごとに腎機能が落ち、風邪から回復しても、そこで落ちた分の腎機能はそのまま戻りません・・・。

    というわけで、対策は十分に講じてるつもりなんですけどねぇ。

    家と職場両方にイソジン置いて、一日2~3回はうがい敢行、手洗いももちろん!

    そしてなるべくマスク着用(特に風邪の人が近くにいるとき)。
    あーこれは、マスク着用のタイミングが悪いと、「当て付け」っぽいなー。気をつけねば・・・。

    あと、当然だけど、暖かい格好をする。
    今冬はウォームビズだとかで、職場でもなかなか暖房入れてくれなそうなので、フォーマルっぽいセーターなんか、今週末にでも物色してみますかね(ロッテ優勝直後なので、なるべく千葉県内のデパートで^^;)

    しかし、こんなことは実行してても、やっぱり100パーセント風邪をしのぐってのは、なかなか難しいです。困ったーーー。

    それから、最近、外食が何かと多い。
    食べるものには、もちろん気をつけてますが、居酒屋なんかだと自ずと限界もありますね。

    基本は飲み会直前に「立ち食いソバ」(ツユは飲まずに)食べてから参加し、飲み会ではツマむ程度にしておく

    です。でもそんな時間もないことだってありますしね・・・。

    ----------------------------------------------------------------

    さて、こんな記事を見つけました!

    ">「異種移植」に成功 ウシ腎臓をサルに 世界初 独協医大チーム

     ウシの腎臓をサルに移植する「異種移植」に、国内の研究チームが世界で初めて成功したことが二十七日、分かった。サルは、ほかの動物の臓器を移植すると、激しい拒絶反応が出て、臓器が機能せず、壊死(えし)してしまう。今回の研究では、移植した腎臓が機能したことが確認された。人でも激しい拒絶反応は起こり、人の異種移植への応用が期待される。研究成果は、新潟市内で開かれる日本移植学会総会で三十日に発表される。(前川健次)
     サルとウシの異種移植に成功したのは、独協医大(栃木県壬生町)第二外科(窪田敬一主任教授)を中心とする研究チーム。独協医大の沢田登起彦助教授によると、人とサル(一部の原始的なサルを除く)以外の動物は、「アルファガラクトース(αGal)」と呼ばれる異種抗原を持っている。一方、人とサルはαGalに対する抗体(自然抗体)を持っているため、サル以外の動物の臓器を人に移植すると、この自然抗体が、αGal抗原に結合して臓器が機能しなくなる超急性拒絶反応が起きる。
     サル以外の動物の臓器を人に移植する異種移植は、これまで行われていなかった。
     研究チームは、六年間かけて遺伝子情報が同じ生物がつくれるクローン技術を応用した。クローンウシの作成中、ウシの細胞培養段階でαGalをつくり出す酵素の遺伝子をなくすノックアウト操作を施した。この細胞をウシの子宮に戻すことを繰り返す方法で、完全にこの遺伝子を欠いたノックアウトウシを誕生させることに成功した。
     このウシは昨年十二月に誕生したが、発育が悪く、間もなく死亡した。しかし、細胞は凍結保存され、いつでも同じクローン牛がつくれる。
     研究チームは、このウシの死後に腎臓を摘出。茨城県三和町の動物実験施設で、カニクイザルに腎移植する手術を十二月十六日に実施した。午後五時から手術を始め、午後七時に移植したウシの腎臓の血流を再開すると、通常のウシの臓器を移植した場合に起きる超急性拒絶反応は起こらず、尿管から尿が出た。腎臓が移植手術後も機能していることが証明された。
     腎臓を移植されたサルは手術後も生存していたが、翌日午前八時に観察したときには死亡していた。北海道でウシの腎臓を摘出後、搬送に丸一日以上かかり、腎臓が傷んでいたことがサルの死を予想以上に早めたらしい。
     沢田助教授は「今後はサルに移植する実験を繰り返し、どのような副作用が起きるかも検証していく必要がある。人への応用に向け、研究を進めていきたいが、早くても五年以上はかかるだろう」と話している。
     日本移植学会の太田和夫元理事長「異種移植を臨床応用するうえで画期的な研究で、わが国の基盤技術として確立する必要がある。移植医療に限らず、ウシを用いた遺伝子ノックアウト技術は、畜産分野やバイオ領域にも応用できる。ただし、遺伝子をノックアウトした個体作成の効率が低い点や、サルが翌日死亡したことは改善しなければならない」
         ◇
     【異種移植】人やサル、ウシなど違う種の動物の細胞や臓器を、ほかの種の体内へ移植すること。欧米では1960年代から研究が進み、1992年には米国のピッツバーグ大学で、ヒヒの肝臓を人に移植した。患者は2カ月間、生存したが、このケースでは問題の超急性拒絶反応は起きない。日本では平成9年、日本異種移植研究会が発足。厚生労働省は14年6月、異種移植で未知の感染症が広がることを防ぐため、臓器提供動物の管理を規定する指針を作成した。
    (産経新聞) - 10月28日3時7分更新


    移植した翌日に死亡って・・・。
    異種移植はまだまだっぽいですが、将来に向けては期待できそうです。

    ただ、動物愛護団体とかから、何か苦情が出やしませんでしょうか??
    スポンサーサイト
    【2005/10/28 22:50】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。