一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2005/08 | 09
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    人生初の胃カメラ
    手抜き?で本編と健康管理編、同じ記事です、今日は。
    (読者層がけっこう違うようなので、たまに同じことを書くようにします)

    今日は午前中だけ仕事を休んで胃カメラをやってきました。

    人生初の胃カメラ。

    もっともここ4か月くらいは「人生初」続きですが・・・。

    ・人生初の大病

    ・人生初の入院

    ・人生初の本格的手術

    ・人生初の筋肉注射

    ・人生初の定期的通院

    ・人生初のCTスキャン

    ・人生初の点滴

    ・人生初の主治医

    ・人生初の食事制限

    ・人生初の薬の定期的摂取


    そして今度が「人生初の胃カメラ」で、

    今週の木曜か金曜(まだ決まらない!)から、いよいよ、

    ・人生初のステロイドパルス

    ですー。

    そうなんですねー。もう今週です、3度目の入院。
    もう入院は慣れちゃって、あんまり緊張もしなくなっちゃいましたが・・・。

    にしても、胃カメラ、思ってたよりずっと辛かったっす(涙

    人間ドッグとかでたくさんの人がやってるから、大したことないんだと思って、何の覚悟もしてなかったorz

    まずドロドロの液体を飲まされる(胃の中をキレイにする)

    次に上を向いて、トロみのある液体をノドのところで飲み込まずに溜める(目的不明)

    そしてスプレーで麻酔薬をノドに吹きかけられ、

    肩に筋肉注射を打ち、弛緩させて、

    いよいよ横向きに寝て、管が口に入ってきました。

    ずーっと、画面で様子が見えました。

    まずノドを最初に通過する時、最初のゲップが・・・。

    そこを乗り越えると食道を通ります。ここもまっすぐじゃないので、ちょっと気持ち悪い。

    そして胃に到達。

    胃は思いがけなくキレイでした。

    思いがけなくってのは、実は・・・・

    今朝、完全に胃カメラのこと忘れてて、ハチミツ入り寒天食べて牛乳100ccほど飲んじゃったんです!!
    ドアホーーー。

    検査技師の方は、
    「胃が見えなくなってるかもしれないけど、せっかくなので一応やりましょう」
    なんて具合に、完全に期待していない状態。

    自分も、「あーまた明日か明後日来ないといけないのか・・・。そんなにしょっちゅう仕事半休取るわけにもいかないんだけどなーー」

    なんて考えつつの胃カメラだったのです。

    でも、初めて観る自分の胃はとってもキレイ!

    ツルツルのピッカピカでした。
    なんだか結果を聞くまでもなく、大丈夫であることは確信。

    と思ってたら、今度は、

    「じゃあ思い切って、奥の十二指腸まで入れちゃいましょうか!」

    エエーーーーー!

    もうこの不快感、何とかあとちょっと、、、って思って耐えてるのにさー。
    でも、口にそんなん入れられた状態では拒否さえできない。
    むしろ声なんか出そうとしたら、管がノドに当たって「オエッ」ってなってしまう。

    そうしているうちに、画面上では、なんだか肛門みたい?な狭い穴から管が先に進んで次のステージ、十二指腸へ。

    ここが辛かった・・・。

    何度も何度も大きなゲップしたら、先生に、

    「あんまり大きなゲップすると、ノドを傷つけるので、控えめにやってもらえませんか??」

    って言われました。しかも苦笑してました。

    んなこたーわかっとるわい!
    じゃけんど、どうしようもないんじゃー!!

    うー屈辱的。。。
    大体、病院の先生って、こっちが弱い立場なのをカサに着て、エラくサディスティックになってる時ありますよね。
    そうですよ、ワタクシ、法則を発見しました。

    病院勤務関係者はS体質!

    これは普遍の真理。
    (ウソです。マジメな医療関係者のみなさま、茶化してゴメンナサイー)

    胃カメラは全部で10分くらいで終了。
    体感時間は永遠にも感じましたが・・・。

    そしてそのまま休憩もせずに会計を済ませて、職場へ直行。
    途中で麻酔が切れてきたので、昼食を食べました。
    よりによって、カレーライス(笑)。
    いや、でも全然なに食べても(ノドと胃は)大丈夫だと先生も言ってたんですよー。
    塩分制限の身ですが、カレーってそんなに実は塩分多くないし。
    朝は塩分ゼロなので、3gくらいは摂っても構わないし。

    というわけで、胃カメラを入れた1、5時間後には、普通に仕事してました。
    そんな一日。






    スポンサーサイト
    【2005/08/29 23:24】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    栄養素のお勉強
    8月28日(日)23:50

    体温:36、3度
    血圧 118-72
    脈拍 59

    体調 良好

    栄養のことを知らない自分。

    少しずつ勉強するしかないですが、今日は「たんぱく質」について少しだけ勉強。
    忘れないように勉強した内容をメモしときます。

    たんぱく質は20種類のアミノ酸から成り立つもの。
    なかでも9種類のものを「必須アミノ酸」といいます。

    トリプトファン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、
    ロイシン、イソロイシン、バリン、スレオニン、ヒスチジン

    ↑この9種類。

    この9種類の組みあわせが理想的な食品がたんぱく点数100点の食品ということになります。

    例えば、

    肉・タマゴ・牛乳などが高くて(100に近い)
    米や野菜や果物は低い(0に近い)

    そんな感じ。

    ですが・・・単品ではなく、食品の組み合わせによって、より点数が上がるのです。

    例えば、

    ごはんや小麦はたんぱく点数が低いのですが、大豆製品はこれらに欠けているアミノ酸成分を補ってくれる、つまりごはんや小麦と相性が良い。

    しかし偏った食事がいけないというのは、例えば、植物性の食品はそもそもたんぱく質の含有量が少ないので、これをたくさん摂ろうとすると、ゴハンを何杯も食べることになり、カロリーオーバー。動物性たんぱく質を多く摂りすぎると、脂質が高くなる。

    そんな風に、ある種の食品だけでたんぱく質60g/dayをキープしようとしたりすると、弊害が出る。

    そこで、たんぱく質を単にして、食品のバランスを取る。

    米などの穀物はあまりアミノ酸の点数は高くないけれど、肉や魚といった良質たんぱく質と併用することで、相互に補完される。

    病院の食事がいろんなものが少しずつ出てくる理由がようやくわかったような気がします。

    なんというか、基本中の基本なのかもしれませんが、こういうことぜーんぜん、今まで知りませんでした・・・。
    【2005/08/29 00:47】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    オルタナティブな治療法
    購入した書籍

    透析なしの腎臓病治療 ニュー取手方式のすすめ



    自分の通っている病院のセンセーは、かなりたくさんの著書を書いているので、これまで腎臓病の本と言えばその先生の本を買ってました。

    その結果、通院時と書籍で言ってることがほとんど矛盾しないし、治療に対する方針をクリアーにできて、それはそれでなかなか良かったんですが、でも、何か他の見方もあるのでは?
    そんなことで買った本です。

    結論

    購入してマル!

    たんぱく尿の知識・低タンパク食に対する考え方・薬の効能・血圧の抑制の仕方などがとても詳細に書かれています。

    腎臓病以外の病気も疑ってみるとか、貧血のこととか、血液や栄養素のことだとか、健康に関する知識のカケラもなかった自分には、いい本です(もしかしたら、多くの人にとってはあったり前の知識だったりするかも・・・)。

    今日の食事

    朝 エネルギー 不明(300くらい?)・たんぱく質 7、3g・塩分 0、4g

    自家製低たんぱく・低塩パン たんぱく質 約4g、塩分 0、4g
    バター(たんぱく質・塩分0)
    寒天(ハチミツ入り)たんぱく質・塩分ほぼ0
    牛乳100ml 67kcal・たんぱく質 3、3g

    昼 605kcal・たんぱく質 14、1g・塩分 1、35g

    カロリー80の野菜カレー
    80kcal・たんぱく質1、5g・塩分1、1g

    ごはん240g 373kcal・たんぱく質 6、3g・塩分0
    フォションのミルクティ 60kcal・たんぱく質 2、4g・塩分 0、2g
    ヤクルト・ソノール 92kcal・たんぱく質 3、9g・塩分 0、1g

    夜 エネルギー 不明・たんぱく質 24、2g・塩分 0、8g

    パン 400kcal・たんぱく質 6、0g・塩分 0、4g
    ごはん50gくらい 70kcal・たんぱく質 1、3g・塩分0
    焼き鮭 たんぱく質 11g・塩分 0、1g
    ゴーヤチャンプル たんぱく質 5、9g・塩分 0、8g

    合計 エネルギー 不明(2000弱?)・たんぱく質 44、2g・塩分 2、55g

    たんぱく質と塩分は少々オマケ気味なので、厳しく見ると、これプラス10パーセントくらいか?

    それでもたんぱく質 50g・塩分2、8gくらい。

    ちょっと制限しすぎ(自分の制限はたんぱく質 60g・塩分 6g)な気もしますが、週末に外食したりすると、これできっとちょうど良い。

    ただ、上記↑の本で、たんぱく質を減らしすぎると、筋肉が減るということを知り(ジョーシキ?)、摂生すりゃーいいってもんでもないことも知る。

    その本によれば、保存期以外では、たんぱく質は標準体重×0、8くらいが理想なのだそう。
    自分の場合、標準体重は69kgなので、たんぱく質は55gくらいが制限量ということに。
    とすると、今日の食事は結構理想的?
    でも、栄養って、複合的で難しい。
    アミノ酸点数なる概念(良質たんぱく質とかとつながる話?)とかもあるし。。。

    【2005/08/26 00:39】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    体調が・・・
    ここ2日くらい、かなり体調が悪いです。
    本編にも書いたんですが、台風のせい??

    土日に2日連続で出かけたら、疲れがたまってしまい、
    そのまま平日になだれ込み、
    月曜日は半死人みたいな状態でやり過ごし、
    その晩はなんと9時間も寝たんですが、
    火曜日になっても、まだダメ。いやむしろ悪化して頭痛がヒドイ。

    こりゃー一体なんざんしょ!?
    風邪引きかけ?

    うーん、もう一生風邪だけは引くまい!と肝に銘じていたのに・・・。

    ちなみに食事制限は順調です。
    今日はたんぱく質 50g、塩分 4、2gくらいしか摂ってません。
    (自分の制限量はたんぱく質 60g、塩分 6g)

    本日の体調データ(21時)
    体温:36、4度
    血圧:97-59
    脈拍:76
    【2005/08/24 01:06】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    8/19通院記録
    今日は休暇をもらって通院してきました。

    1)耳鼻科診察

    ・7月25日に摘出した扁桃の経過を見るためのもの

    →まだノドを縫合した糸が抜け切れていないのだとか。
     
    →10月頃、再度診察。それでまだ残ってたらその場で引っこ抜くことに決定(痛そうだ。。。)

    2)腎臓内科診察

    いつもの外来とは違う先生。とは言っても入院時の担当医師なので、ワタクシの病状はよ~くご存知です。

    ・今後の治療について

    ステロイドパルスを9月1日又は2日から入院して実施することに決定!
    1回目は5~6日間の入院。
    2回目は2か月後に3日間、3回目はさらに2か月後に3日間の入院。
    その間を経口摂取のステロイド(60mg/日)でつなぎ、次第に量を減らして半年で完了予定。

    ただし、ワタクシの状態(糸球体の半分近くが既に炎症を終了して固くなってしまっている)では、この治療法に絶大な効果は望みにくいのだとか(普段の外来の先生はここまで露骨に言わないので、ちょっとショックだった・・・)。

    ・前回(8/6)通院時の随時尿検査の結果が出ていた

    尿たんぱく定量 100mg/dl(恐らく0、5g/日くらいか?)
    尿潜血反応 4+
    各種円柱 1+から2+(2+は硝子円柱のみ)
    尿cre 227mg/dl
    尿比重 1、023

    それから、腎臓内科に初めて通いだした3月から先月までの血液検査の推移を見て、先生は「クレアチニンがどんどん下がってるのは、ウレシイねー」と言ってくれました。

    クレアチニン
    今年3月から4月頃 1、27~1、29くらい
    7月下旬 1、08

    尿タンパク
    4月から5月頃 1g/日前後
    8月 0、5g前後
    (ただし、結構ムラあり) 

    ・フィッシュオイルについて質問してみた。

    →最近の研究成果では、「あまり効果がなさそう」ということになっているそう。ただし、魚の油なので副作用もないし、ステロイド終了後、再び尿たんぱくが増加するようなことがあったら、その時にでも始めてみるか、ということに。やるなら長期的にやるべきとのこと。あと案外高価。1か月に3000~4000円くらいの自己負担額。

    ・運動について質問してみた。

    →慢性腎炎にとってベストなのは、「常時入院しっぱなしでずっと横になっていること」なのだそう。しかし社会生活を営む上で、それはあまりに非現実的なので、腎臓に多少なりともマイナスになるのは覚悟の上で、仕事したり残業したり運動したりすることになる。なので、もしもジョギングをするのだとしたら、(自分が提案した)4kmはやめて、1~2kmをゆっくりめにするとか、そういう程度にしておいた方が無難(特に夏場は)。水泳などについても同様。あまり過激な運動は勧められないとのこと。

    ・食事制限について変化が!

    →「(今のワタクシの)たんぱく質80g制限は、常人と変わらないじゃないかー。制限の意味がないなー。」

    ということで、たんぱく制限60g/日になりました。。。これはワタクシの体格からすると、そこそこキツクなりました。
    塩分は変わらず6g/日。

    ・今日の血圧
    116-60
    【2005/08/20 01:20】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    ごほうび?自殺?うまいもんリスト
    まー少々の食事療法をしてたって、グルメゴコロを忘れちゃったら、人間として寂しい!

    なにせ、20歳頃のワタクシは、

    「毎日ごはん+ミソ汁+煮物+焼き魚で80歳まで生きるのと、
     毎日寿司・てんぷら・すき焼き・イタリアン・フレンチを交互に食べて50歳で死ぬのなら、
     ぜったい後者を取る!」

    って言ってました。
    今となっては、腎臓病とか関係なしに、すき焼きが5日に1回もやってくるなんて、ゲップものですが・・・。

    でも、やっぱりたまには食事制限の「ご褒美」ほしいです。
    むしろ一点集中でイイものを目指す志向性が強くなってきたかも。
    例えば高級寿司屋に行って、2000円くらいの大トロ一貫だけ食べて帰るとか、やってみたいなー。

    で、そういう場合のために、リスト作りしてみます。
    だって、「よし、今だ!」って時に、某コー○コー△ーとかしか思いつかなかったら、イヤですもん!(あ、自分は男児のクセして?超甘党でつ)

    スイス菓子「ハイジ」のアルハンブラ

    「帝国ホテル」のシャリアピンパイ

    「宇田川」のカツサンド

    以上2点はkisaさんのご紹介~!

    コッペ館のコロッケコッペ

    海商寿司のアナゴ・大トロ・フグなどなど

    ル・パティシエ・ヨコヤマの岩シュー

    黄金寿司(静岡県沼津市)の寿司一式

    桂花ラーメン

    東京都の東の方と千葉県が多くてスミマセン。

    以上、人生50年~(by織田信長)的人生観を全うするためのコーナーでした~(泣き笑い)
    【2005/08/19 00:42】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    8/17食生活
    朝 ウィダーインゼリー(寝坊のため・・・)180kcal・たんぱく質0g・塩分0g

    昼 京優 カロリー80の野菜カレー 80kcal・たんぱく質1、5g・塩分1、1g
      ごはん 439kcal・たんぱく質7、6g・塩分0、1g
      マンゴープリン(森永)159kcal・たんぱく質1、6g・塩分0、1g未満
      フォションのミルクティ 60kcal・たんぱく質2、4g・塩分0、1g

    午後 りんごジュース(果汁100%)74kcal・たんぱく質0、2g・塩分ほぼ0g

    夜 天ぷらそば(立ち食い) 500kcal・たんぱく質約18g・塩分約2g
      上記を先に食べてから飲み会へ
      飲み会では、
      サラダ(ドレッシングを避ける)・豚肉の角肉・寿司ロール・チョコレートムースなどが出る(半分くらい手を付ける)・ビール・サワー2杯
      栄養分不明

    1日2000キロカロリー・たんぱく質80g・塩分6g
    というワタクシの制限の場合、飲み会さえなきゃ、これで順当なんですけどね・・・。

    通販で購入したカレー、美味しかったです。
    ちょっとお湯を入れすぎて失敗気味でしたが、かえって今流行りのスープカレーっぽくなってケガの巧妙??
    カロリー少ないのは、ごはん多めでクリアー(たんぱく質も自分の場合はこれで問題なし)

    ただ、朝のゼリーのみは、良くないですよね、きっと。。。

    と言いますか、自分、ハッキリ言って、食事療法の知識があまりに未熟なので、どうか皆様、ワタクシめにダメ出しをーー!!
    【2005/08/18 01:23】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    夢バトン
    かのん様より、「夢バトン」を引き受けましたので、やってみますです。
    今回は">「一日一善」本編とここ、「一日一善 健康管理編」共同企画で行きまーす!
    (単にサボりたかっただけとも言う)

    Q1.小さい頃何になりたかった?

    小学校の時:宇宙飛行士
    中学校の時:とにかく富豪(笑)
    高校生の時:新聞記者か歴史家

    Q2. Q1の夢は叶いましたか?

    見事なまでに大ハズレ~

    Q3.現在の夢は?

    一生涯、人工透析にならずに済ませる!(透析延長世界一記録!!byかのん様)
    海外旅行50か国制覇!(現在28か国)
    もう1つ楽器ができるようになりたい!(ピアノかチェロ)

    Q4.宝くじが三億円当たったらどうしますか?(熱く語って下さい)

    (1)東京都文京区の谷中・根津・千駄木(谷根千)のどこかに一戸建て(注文住宅)を建てる(6300万円)

    【理由】病院・神田の書店街・上野公園(とその中の美術館・東京文化会館)・東京ドームへ徒歩圏内!終電知らずの大都会!!

    (2)仕事をリタイアし、年金受給までの生活資金として金融商品で運用(2億3千万円)

    【理由】人生=仕事とは全く思ってないし、金さえあれば喜んでリタイアして趣味に生きますよ、ええ。

    (3)2年間世界を旅する(バックパッカーなので200万円でノープロブレム)

    【理由】旅=人生と思っているもんで。むしろ2年じゃ足りない。あーでも、たまに先進国に寄って腎臓内科に行かないと(-_-;)

    (4)車・楽器を新調する(500万円):内訳はマンドセロ160万(大野マンドセロ又は嶋田マンドリュート)・車300万・ピアノ40万

    【理由】車はフォルクスワーゲンゴルフ・プジョー307・BMW3シリーズのどれか。それ以上は望みません。ピアノは一戸建てなので、電子じゃなく普通のを購入して念願のピアノマンになるのだ。

    Q5.あなたにとって夢の世界ってどんなもの?

    無限大の希望あるいは絶望

    これを「妄想」と人は呼ぶ

    Q6.昨晩見た夢はなんですか?
    尿検査のためにトイレへ行ったら、なんと30分以上も尿が出続け、焦るが次第に快感に変わり、終わった時、「あースッキリした~!」って言ってたマヌケな夢
    目覚めた時、オネショしてないかどうか、真面目に確かめました・・・。

    Q7.次に夢の話を見てみたい5人は?

    ささざき妻サマ
    甘栗三年
    kon★blog
    RIEサマ
    レナサマ

    (例によって、回答はご自由に~!)

    【2005/08/15 23:16】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(3) | COMMENT(8) |

    けんこうじゃん5、1
    通販で購入した「だしわりしょうゆ」がやってきました。

    けんこうじゃん5、1

    低塩でもうまみのある、おいしいだしわりしょうゆ

    100gあたり
    食物繊維 0.1g
    エネルギー 22kcal ナトリウム 2000mg
    (食塩相当量5.1g)
    タンパク質 2.5g
    脂質 0g リン 26.1mg
    糖質 2.2g カリウム 34.5mg

    です。
    一般のこいくちしょうゆと比べて、塩分が1/3程度。
    さらに、一般的なしょうゆと比べて、リンは約1/6、カリウムは約1/11、タンパク質は約1/3

    だそうです。

    味はたしかにやや薄い。
    でも最近かなり薄味に慣れてきたので、あまり困ることはないでしょう。
    腎臓病発病前は、塩っ辛いもの大好物だったんですが、今となってはかつて大好物だったイカの塩辛なんて、食べることがストレスになるだろうから、食べてみたいとさえ思いませんね。

    そういえば、昨日、扁桃の手術以来初めてビール飲みました。
    先週の段階で、医師からは「アルコールはもう少ししてから」と言われていたのですが、さすがにここ2~3日はノドを切ったことを忘れてしまうくらい、痛みもほとんどない(あくびする時だけ、縫合した糸が引っ張られるのか?少し痛い)ので、まーいいか、と思った次第。
    最近ここのブログで気にしていた「酒の席の付き合い」でも何でもない、単なる「プロ野球観ながら飲むのは、やっぱビールだろ!」っていう一昔前のオッサン的発想で(^^;)

    で、ノドには予想どおり、何の異常もなかったんですけどね。
    その代わり、アルコールの摂取が久々すぎて、ビール1杯でかなりヨロけました・・・。
    他の腎臓病の皆様はお酒は飲んだりされてるんでしょうか??



    【2005/08/15 01:41】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(3) | COMMENT(8) |

    帳じるための食事
    飲み会で塩分を摂り過ぎた翌日の帳尻で、今日はわずか3g程度。



    自家製パン焼き器で焼いた食パン(塩分0、15g)
    ところてん(ハチミツ少々)塩分0g
    牛乳 100CC 塩分0g



    冷やしきつねうどん 塩分:2、5gくらい
    (ツユは水で半分に薄め、かけずに漬けて食べる←これきっと重要)
    マンゴープリン
    (たんぱく質3g未満、塩分ほぼ0g)



    ごはん 150g 塩分0g
    生鮭のフライ(ソース使用:塩分0、2g)
    カボチャサラダ(マヨネーズ使用:塩分0、1g未満)
    果物(ぶどうとイチジク)


    自分の場合、たんぱく制限はユルイ(80g/日)ので、主に塩分制限(6g/日)に力を注ぐ必要があるんですが、平均したらどうしても6g超えちゃってます。
    やっぱ外食は週1~2くらいに抑えたいですね。


    【2005/08/12 00:11】 健康管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    飲み会
    >「一日一善」本編の方にも少し書きましたが、今日は飲み会。

    しかし、扁桃を取った後の縫った糸が取れていないことを理由にアルコール摂取をしばらく医師から禁止されてしまったので、今日はウーロン茶とオレンジジュース(飲み放題コースなので、他のチョイスがない!)でした。

    それに食べ物も困りましたね。

    これもコース料理だったのですが、まず最初が刺身と乾き物。
    カツオとタコの刺身だけいただく。

    次に鶏肉のオイスターソース煮とか、豆類の塩っからいスープだとか、全部出てきたもの食べたら、きっとこの食事だけで15g以上の塩分摂取だったことでしょう。

    というわけでセーブしながら食べるのですが、あんまり何も手をつけないっていうのも感じ悪いし、周囲もいろいろ気にかけて、「あーこれはタテラッツィ、食べれるんじゃない?」とか言ってくれるので、恐縮してしまう。

    腎臓病との戦いは、勤め人の場合においては、本質的には家での過ごし方よりも社会生活との兼ね合いが大きなポイントになってくる(残業、休日出勤、食事、飲み会など)のは今更言うまでもないことです。

    今月と来月は休日出勤が各1日ずつ(それもどちらとも17時間以上の長時間労働)予定されていたのですが、上司の計らいでワタクシの部署で唯一、自分だけ免除してもらっちゃいました。仕方ないとは言え、こういうのは出世にもめちゃ響くでしょうなー。いや出世どころではなく、「こんなに入退院を繰り返し、長時間労働にも配慮しないといけないようなヤツじゃウチの部署には置いとけない」ってなる可能性もありそうです。ホント言うと、休日の17時間労働、今の腎臓の状態ならばできないこともないです。でも、自分が志願しても(片方は「やります!」と志願したのです)逆に上司の方が認めてくれませんでした。

    話が逸れましたが今日の場合で言うと、飲み会で5000円とか出しておいて、ウーロン茶と杏仁豆腐だけとかいうのも精神衛生上良くないし、まあ飲み会の日だけは特例で現在「塩分制限6g」のところを8gか9gくらいに上げざるを得ないでしょうね。で、前後の日は塩分5gにしましょう。

    来週も飲み会があるので、そこでチャレンジ。

    【2005/08/11 01:14】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    耳鼻科通院
    仕事オヤスミいただいて、耳鼻科へ通院してきました。

    医師に言われたこと

    ・まだ糸が取れてない

    え??
    ていうか、糸ってなに?

    扁桃を取った後、傷口を糸で縫合していたということを、この時まで知りませんでした(苦笑)

    なんでも、まだカサブタが残っているので、今、糸を引っこ抜くのは出血の恐れもあって危険なので、2週間後にまた来なさいとのこと。

    その時点でまだ糸が自然に取れてなければ(普通は自然に取れるらしい)、その時はひっこ抜くそうです。
    やだなー、なんか痛そうだ。
    きっと麻酔なんかしないで、あらよ!って感じで5秒くらいでやっちゃうんだろうけど。。。

    それから、もうそろそろいいかなと思って、念のために聞いてみた、「アルコール禁止令解除」。

    結果:ぶー、ぶぶーーー、ダーメ!

    明日は飲み会なのにぃーーー。残念至極。

    っていうか、塩分濃いものばっかり出たら、食べれないし、酒もダメと来たら、一体飲み会の間、何を口に入れてればいいんだーー??
    【2005/08/10 00:12】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    (血が)どうにも止まらない~
    いま服用しているコメリアンっていう薬は、血液をサラサラにする効能があります。
    ということは、逆に言うと、血が止まらない!っていうこと。

    今日、それを思い知る出来事がありました。

    靴を履いたら、靴ズレしてしまったんです。
    それで、家で靴下ぬいで裸足で過ごしてたら、いつの間にか足からダラダラーっと血流が!!

    絨毯が血まみれですよ・・・。

    たかが靴ズレであんなにドバっと血が出たのは間違いなくコメリアンのせいでしょう。
    こりゃヘタに怪我とかできないっすねー。

    来月のステロイドパルスを前に、今度、人生初の「胃カメラ」やることになったんです。
    で、知らなかったんですが、胃カメラの結果、出血が認められた場合(結構多いらしい)は、その場で「生検」になるそうです。
    と言っても「腎生検」みたいな大げさなのじゃなくて、一瞬つまんでチクっとする程度だそうですが、自分の場合、コメリアンやってるので、万一、胃から出血があっても胃生検はナシなのだそうです。

    っていうか、胃カメラってやだなー。
    そういえば自分、バリウムも未経験。
    腎臓病発病以来、未経験の検査をいっぱい受けてるし、この分だとどっかでやらされそうだ・・・。

    ステロイドパルスは、500mlを3日連続で投与。
    入院期間は、1クール目ができれば5~7日間
    2クール目・3クール目は1クール目の効果を見ながら時期を決め、各3日間の入院だそうです。

    もっとも、無理やり入院せずに通院で済ませることも可能だそうですけど、医師としてはリスクがあるので勧めないみたいです。

    胃カメラの時も有給取らないといけないし、果たして今年の有給が足りるのか、心配になってきました。
    去年なんかちっとも消化できず余りまくっちゃったのに、全部は繰り越せないウチの制度、困ります。。。


    【2005/08/08 00:07】 健康管理 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

    8・6通院記録
    今日は午前中は耳鼻科、午後は腎臓内科という多忙な一日!

    になるはずだったのですが・・・

    朝起きると、な・なんと、、、午前10時を回っている!
    前夜は23時くらいには寝たのに、いったい何時間寝てるんだ(笑)
    いきなり仕事復帰したりして、疲れが溜ってたのかもしれませんね。
    と言い訳ーーー。

    というわけで午後から腎臓内科のみ受診。

    入院最終日の採血の結果と今日の検尿の結果(診察直前に採取済み)

    クレアチニン 1、08
    ヘモグロビン 12
    血尿 4+
    尿たんぱく 0、43g/日(蓄尿ではないので、推定量)

    すこぶるいい感じ。
    こうなると、オレは本当に「予後不良」なのだろうか?
    などと身勝手な疑惑が。
    でも自分の場合は「糸球体」の損傷が激しく、既に半分近くの糸球体がゴチゴチに固まってるらしいので、これは仕方ない事実。

    でも、もう少しこのIgA腎症という病気について、勉強しなきゃと重い、普通の書店ではなく医学書専門の書店に寄って、↓の本を購入してきました。

    IgA腎症診療マニュアル―エビデンスに基づいた診断と治療(富野 康日己著)


    著者はワタクシの行っている病院の教授で、自分の治療法についてもカンファレンスに参加してくださってるそうなので、そういう点でも、自分の治療のバックボーン・裏づけになる本です。
    基本的には患者ではなく医師や看護師向けの本だと思うのですが、化学記号や計算式羅列しまくり!っていう本ではないので、少しこの病気を知ってる患者さんなら、概ねの要旨を理解するのにはさほど困難はないと思います。

    特に、「扁桃摘出+ステロイドパルス」について詳細な考察が記されていたり、予後の程度によっての治療方針や、RIEさんがご紹介されていたフィッシュオイルなどについても詳しく紹介されています。

    良書です。

    ただ、この本によると、予後不良群の場合の「寛解」(完治に近い概念)の可能性は、20パーセントくらいのようです。

    しかし、ここ10年の間に、透析導入の平均年齢が10歳もはね上がっているそうで、これはこの分野の医学の急速な進歩を示すデータです。あと10年すればさらに圧倒的な新薬なんかが開発されてるかもしれないし、そこまで行かなかったとしても、今よりなんらかの進展があるであろうことは、ほぼ間違いないです。
    ということは、少しでも腎機能を長く保存しておくに越したことはないですね。
    逆にこの本によれば、油断してるとクレアチニン1台でも2~3年であっという間にクレアチニン8超えで透析導入ってこともあるようなので、気をつけます。。。
    【2005/08/07 01:35】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |

    外食のジレンマ
    ノドを手術し、食事制限を課されているワタクシ。

    そんな状態なので、ここ数日ワタクシを食事や呑みに誘う人はまずいません。塩分制限はともかくたんぱく制限80g/日なんて、焼肉食べ放題でも行かなきゃ問題ない量なのにぃ。。。

    これはこれで寂しいもので、今日の昼なんか、ここ数日続けているソバ屋の出前による「冷やしきつねうどん」をさーて食べようかな!と思って周囲を見渡すと、しーーん。

    みんなで外食に出かけたらしい。ショボーン。。。
    なにせ、我が職場、昼休みもあまり外食に出かけるってしない所なんです。電話番・留守番で数人は残る必要があるし、会議が延びたりして外食する時間なんてないこともある。
    なので、同僚同士で外食なんてのは、世間的には当たり前かもしれないけど、自分たちにとっては案外レアな話なのです。

    後で、

    「いやータテラッツィ(とはもちろん呼ばないけど)はムリかと思ったんだ、悪い悪い。また今度行こうよ」

    とフォローはしてくれましたが。

    で、みんなが食べに行ったメニューを聞いたら、

    「ビッグな天丼(エビ3匹)、おろしうどん」の和定食セット

    なのだそうで、そんなんなら、多少残したりツユを調整したりすれば、自分だって行けたのになー、と思ったものでした。

    え?腎臓病を理由にハブられてるだけ?

    そいつは知りませんでしたぜ、ガッハッハ(本当にそうだったら泣きますぜ)

    で、夜、帰ろうと思ってたら、自分の同期のオトコが、

    「なー、今日、ラーメンでも食ってかない?」

    ヤツもワタクシの「病気」のことは知ってるのですが。。。
    そいつは割と自分に対して無頓着な所があって、普段は「ニャロメ」って思ったりもしてますが、今日は案外そのコトバは嬉しかったもんです。

    食事制限は自分や家族にはたしかに理解してもらった方がいいのですが、知人友人たちにはあまり気にされすぎるのもツライもの。

    かと言って
    「おい、すき焼き食べに行こうぜ!なに?ムリ??付き合いワルイぞぉ~ごるぁ!!」
    とかも、もちろんイヤだけど(笑)


    【2005/08/05 23:42】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    料理事始め
    ノドは落ち着きました。もう大丈夫ではないかと。

    現在の投薬

    クリノリル錠100(毎食後1錠):ノドの痛み止め
    セルベックスカプセル50mg(毎食後1錠):胃の粘膜を保護する薬
    イソジンガーグル:うがい薬
    名称不明の抗生剤
    ディオバン錠 半粒(毎朝):血圧抑制、腎臓の保護
    コメリアンコーワ40mg(毎食後):血をサラサラにする

    どっちかと言うと、腎臓内科よりも耳鼻科的な投薬が目立つ状態ですmね。
    しかし手術の前後は止めていたコメリアンも復活してますし、耳鼻科のはこれから数日以内にどんどん投薬を終了していきます。

    まだ仕事復帰してすぐなので、帰宅も早く、今日はちょっとした料理に挑戦してみました!(家族の手を借りたことを告白しておきますが)

    050804_2035~0001.jpg


    かぼちゃのクリーミーミートソース添え
    ごはん 180gくらい
    生トマト

    かぼちゃのクリーミーソース添えのレシピ

    (材料)4人分
    かぼちゃ 500g
    トマト 70g
    ベーコン(みじん切り) 35g
    たまねぎ(みじん切り) 50g
    にんじん(みじん切り) 30g
    セロリ(みじん切り) 30g
    豚ひき肉 100g
    日本酒(味付け)
    スープの素 1かけら
    牛乳 カップ1/2
    ナツメグ(粉末) 少々
    粉チーズ 適量
    塩 少々
    小麦粉 少々

    380キロカロリー、塩分2g未満

    (作り方)
    1)かぼちゃを2つに切り、タネの部分を取り、千切りにする。そのまま電子レンジで10分くらい加熱
    2)上記みじん切りの野菜・ベーコンを切っておく
    3)フライパンにオリーブオイルを敷き、ベーコン・たまねぎ・にんじん・セロリを入れてよくいためる
    4)次にひき肉を加え、塩を少々加える
    5)上記の素材に火が通ったと思った時点で、小麦粉を少し入れる(水っぽさを解消)
    6)トマトを加え、形がなくなるまでしゃもじなどで炒める
    7)日本酒・牛乳・水少々を加えて、どろどろになるまでかき混ぜる
    8)仕上げにもう一度塩と胡椒とナツメグを少々入れる
    9)電子レンジからかぼちゃを出し、皿に入れ、その上に8)の具を乗っける
    10)上から粉チーズをかけて、できあがり!

    たぶん、たんぱく質は結構高いので、たんぱく制限50gとかの方にはお薦めできないかも。でも塩分はあまり使わないし、なにせ料理ドドドド素人のワタクシが、家族の手を借りながらとは言え、なんとか作れてしまうお手軽さがグッドです!

    【2005/08/05 00:29】 健康ネタ・雑談 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    体調
    扁桃腺を摘出したノドが術後9日目にして、過去最大の痛みって、これどういうことよ??

    手術翌日より痛いのです。
    仕事復帰したり、いろいろムリが重なったからですかね?
    食事も堅いものに移行しつつありますし。

    本日22:00
    体温 36、7度
    血圧 106-73
    脈拍 78

    体調 ウルトラ激ワル(とか書いてる暇あったら、とっとと寝ろ!)
    【2005/08/04 01:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    リンク追加
    リンク先に

    IgA腎症ブログ RIEサマ

    を追加させていただきました。

    RIEさんはカナダで治療されているので、日本との違いなど、興味深い所ですね。
    【2005/08/04 01:36】 ブログ管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    リンク追加
    リンク先に

    いしはらの日常 様

    を追加させていただきました(相互リンク)

    腎臓病に関する食事、自分にとってはまだまだ未知なる分野で今後勉強していかないといけないところなんですけど、いしはら様は日々の食生活を楽しくブログ上で報告されていて、参考になるうえに「食」に対する希望、そんなものまでもが出てくるブログを運営されています。
    【2005/08/03 00:52】 ブログ管理 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。