一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    7/15通院記録
    久々に通院記録(というか、ブログ更新・・・)です。

    1)大腸肛門外科

    先月受けた大腸内視鏡検査の結果を聞いただけ。
    「何も心配はいらない」とのことでした。
    なんだか、ほとんど「痔」ですらないようで。
    では、数か月前に数回続いた大量出血は一体なんだったのか・・・?
    でも、「あと数年は来なくていい」なんてお墨付きまでいただいてしまったので、まあ大丈夫なのでしょうね。

    ちなみに診察代は、無料でした。

    2)腎臓内科

    こちらは当然、「何も心配はいらない」などという甘い言葉をいただける筈もなく(苦笑)

    しかし、経過はまずまず。

    検査結果を以前からのプラス要素とマイナス要素に分けてみます。

    「プラス要素」
    尿たんぱくが久々に「マイナス」(20mg/dl未満)
    尿酸値が少し下がり、7.4に(最高値は9くらいまで行った)

    「マイナス要素」
    医師にふくらはぎを触られ、「少し浮腫みがある」と言われた(これが初めて)
    クレアチニン 1.19(前回、1.14)
    赤血球円柱 3個(「活動性があるもの」なんだそうです・・・)
    尿沈潜(赤血球) 11-15/毎(昨年は100を超えてたので、はるかにマシではありますが)


    まあ悪い方の結果も、「悪化」っていうほど酷い状態ではないみたいです。

    最近、少し食生活が不摂生続きだったもので、もっと露骨に悪い結果が出る覚悟もしていたので、ひと安心。

    ただ、一度「お灸」を据えられたほうが、自分の中で危機感は出てくるんでしょうね。

    「今日だけは特別」なんて日をあんまり作ってはいけないですよね。。。
    スポンサーサイト
    【2006/07/17 23:44】 通院記録 | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |

    大腸内視鏡検査
    大腸内視鏡検査を受けてきました。

    今年の2月から3月にかけて、血便が3度ほどあったんです。

    それも、ちょっとやそっとじゃなくて、便器が真っ赤になるほどの。

    恐らく原因は、

    コメリアンコーワ(抗血小板剤・血をサラサラにする薬)の服用

    で、ただの「痔」なのに過剰に出血したんだと思いましたし、

    腎臓内科の医師からも「念の為、大腸肛門外科も受診しておく?」って言われた程度で、あまり心配されてる感じではありませんでした。

    3月に大腸肛門外科へ受診に行くと、その場で軽く鏡みたいなのをお尻から突っ込まれましたが、

    「どうも痔っぽいけど、正確なことは内視鏡やんないとわからん」

    って言われまして、しかし予約が3か月先までいっぱいだったので、今日となってしまったのでした。

    以下、レポートです。


    ・1週間前から抗血小板剤(コメリアン)の服用を中止

    ・前日夜7時までに夕食を取る(素うどん、プリンなど消化の良いものだけ)

    ・前日夜8時に錠剤の下剤2錠を飲む

    ・当日朝9時台にステロイド、降圧剤(ディオバン)などを服用

    ・当日朝10時にマグコロールという粉の下剤を1800mlの水に溶かして飲む

    ・この後断続的に便が出る(が、かなり強い嘔吐感に悩まされる)。
    ほとんどトイレ入りっぱなし・・・

    ・午後2時から内視鏡検査、のはずが予定が狂い、始まったのは3時頃。

    ・まずは鎮痛剤を注射され、そのあと、中身がわからない点滴を入れられる

    ・30分ほどで終了。
    「ものすごく痛い」というウワサもありかなり心配だったが、そうでもなかった。ただ、おなかの中にガスを注入された(膣を広げる目的)ため、その感触と膨満感で変な感じ・・・。

    ・その後、別室のベッドで1時間ほど休んでいくことに。
    「とにかくオナラをしてください。ヨコになると出ますから」
    って看護師さんに言われ、頑張って「プープー」やってました(笑)
    付き添いで恋人とか来ちゃってる人はどんすんでしょうねぇ(笑)
    これで何とか注入されたガスを出し切りました。
    またこの間も中身不明の点滴は入れっぱなし。

    ・部屋を出て会計を済ませると、午後5時をとっくに回り、久々に食事。
    スパゲッティを食べるも、なかなかノドを通らず。
    めちゃくちゃおなかすいてるはずなのに、なぜだろう?


    あ、検査結果はまだですが、現場で技師の方に言われたのは、

    「痔があるけど、それ以外とくにポリープなどは見つからなかったです」

    とのこと。

    とりあえず一安心です。

    ですが、お尻を大切にしていかないと・・・。
    【2006/06/17 00:49】 通院記録 | TRACKBACK(1) | COMMENT(7) |

    久々の更新
    ずいぶん健康管理編の更新の間が開いてしまいました。

    「健康管理の記録を書くために健康を損ねた」

    なんてことにはギャグでもしたくはなかったもので、少し立て込んでいた最近の生活の中で、このブログはどうしても後回しとなってしまいました。

    さて、最近の体調。

    今年2月の時点で、尿たんぱくが一度「-(マイナス)」まで下がったんですが、現在はまた少し出てしまっています。

    そのため、

    「ステロイドは切れない。5mg隔日を今後も当分継続」

    と医師から言われてしまいました・・・。

    最後にパルスをしたのが2月初旬ですから、本来のプロトコルであれば、3月頃までにはステロイド終了している筈なんです。

    しかし、「当分」(尿たんぱくなくなるまでずっと)継続という言葉はちょっとショックではありました。

    最近は生活もやや不摂生だったんです。

    それにカラダがものすごくダルい日があったりして、検査結果があまり良い方向には行かないだろうな、というのは実はある程度覚悟していました。

    むしろ、もっとグッと進行しちゃってるんじゃないか?という恐れさえあったくらい。

    たしかに、今ここでステロイドやめちゃったら、それこそ一気に尿たんぱくが3倍・4倍と出てしまう可能性だってある・・・ということは医師にも言われました。

    これに懲りて、また生活の仕方を全般的に見直すしかないかなぁ、と思っておりますです。

    結局、仕事をやめるわけにもいかないので、プライベートで少し大人しくしてるしかないってことになるんですね、きっと。
    ま、今は激しく動きすぎなのですけど(苦笑)。

    【5月6日通院記録】
    クレアチニン 1、08
    尿たんぱく定量 33mg/dl(0、18g/day)
    尿潜血反応 3+
    ヘモグロビン 12、6
    ヘクトパスカル 37、5
    T-CHO(総コレステロール) 180
    UA(尿酸) 9、2
    血圧 122-52

    【5月27日通院記録】
    クレアチニン 1、15
    尿たんぱく定量 23mg/dl(0、13g/day)
    尿潜血反応 3+
    ヘモグロビン 13、7
    ヘクトパスカル 40、7
    T-CHO(総コレステロール) 182
    UA(尿酸) 7、8
    血圧 120-54

    【現在の処方薬】

    (新規)※5月7日から服用中

    ザイロリック錠100mg(毎朝):尿酸が作られるのを抑える薬

    (以下継続)

    ディオバン錠40mg(毎朝):血圧を下げる。腎臓を保護する役割も。

    コメリアンコーワ錠50mg×3(毎食後):血流を改善し、血栓ができるのを予防したり、尿中に蛋白が作られるのを防ぐ。

    パリエット錠10mg(寝る前):胃酸が出過ぎるのを防ぐ。現在処方される胃薬の中では最強のものらしい・・・。

    プレドニゾロン錠5mg(隔日の朝食後):ステロイド剤。炎症やアレルギー症状を抑える。


    【2006/05/29 00:12】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    3・30通院記録
    3月30日、仕事を休んで通院。

    24時間蓄尿(byユリンメート)を提出(腎臓内科)

    腎臓内科はこれだけ。結果は後日の診察時になります。

    一方で、大腸肛門外科

    同性とは言え、医師にお尻を見られるっていうのは、男性のワタクシでさえ、なかなか屈辱的です(苦笑)

    しかし、そうも言ってられず。

    肛門近くに傷が見つかり、恐らくはそれが原因の「痔」ではないか

    とのこと。

    しかし、ハッキリしたことは、ちゃんと内視鏡で奥まで見ないと断定できはしないそうで、内視鏡検査の予約を取ってきました。
    やっぱり医師の方もテキトーな楽観論を言って、後で「実は、、、」ってなるのがイヤなんでしょうね。

    承諾書には、

    ・検査のために食事制限や下剤の服用があること

    ・感染症などを調べるために採血検査をすること(この日、やってきました)

    ・場合によってはその場で生検をすることがある。その場合、当日の運動、飲酒を避けること

    ・まれに出欠・穿孔などの重篤な合併症の発生がある

    ・ポリープなどがあった場合、大きさ・形によっては内視鏡的にその場で切除する場合がある(本人同意が必要)。
    合併症を生じた場合に、開腹手術による治療が必要となる場合もある


    などのことが書かれていました。

    同時に内視鏡検査前日と当日用に数種類の薬の配球を受けました。
    また、

    「強力ポステリザン」という軟膏をもらいました。

    これは肛門の中へ入れて、そこで「小僧寿しのしょうゆ」みたいな小さな入れ物に入った薬をブチューって押し出す仕組みみたい。

    【2006/04/01 02:12】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    3/25通院記録
    3月26日(土)は通院日でした。

    と言っても、そこで採った尿検査の結果は、まだしばらく時間がかかるということで、次回聞くことに。

    つまり、ほとんど何もない、定期診察?といった趣となりました。

    ステロイド(プレドニゾロン)が今日からついに、

    隔日1錠(5mg)

    になりました。

    この状態を1か月継続し、次の診察時にOKが出れば、ステロイド終了みたいです。

    あと、今週中に一度、有給休暇を取って、大腸肛門内科の方へ行くことに。
    先月以来、3度ほど鮮血を伴う血便があったもんで、念の為に診てもらうことになったんです。
    その際同時に腎臓内科へユリンメートで蓄尿した24時間分の尿を提出することになりました。

    ちなみに、

    血圧 126-56

    でした。ステロイド始めるまで、120台なんて滅多に出なかったんですが、最近はヘタすると130台のこともあります。。。


    【2006/03/27 00:35】 通院記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。