一日一善~健康管理編~
慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌


PROFILE
タテラッツィ
  • Author:タテラッツィ
  • 慢性腎炎(IgA腎症)患者の健康日誌

    2005年9月1日現在
    Cre1、25・Ccr83・BUN 19
    腎生検の結果「予後不良群」

    ≪これまでの治療≫
    腎生検(2005年5月)
    扁桃腺摘出(2005年7月)
    ステロイドパルス治療(9月開始。1クール目終了)
    他に数種類の投薬治療+食事制限

    ≪これからの治療≫
    ステロイド剤経口摂取(35mg/隔日)
    ステロイドパルス2クール目・3クール目(2005年11月・2006年1月)
    他に数種類の投薬治療

    食事制限:たんぱく質60g以下・塩分6g以下
    運動制限:激しい運動は控える(プール・温泉・ジョギング禁止)
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 7/15通院記録(07/17)
  • 大腸内視鏡検査(06/17)
  • 久々の更新(05/29)
  • 3・30通院記録(04/01)
  • 24時間、溜められますか?(03/30)


  • RECENT COMMENTS
  • 腎炎.com(07/29)
  • メディカルテクニカ(11/11)
  • かのん(10/31)
  • タテラッツィ(07/03)
  • borta(06/27)
  • タテラッツィ(06/27)
  • borta(06/23)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ:<% rtrackback_title>(01/06)
  • 体が元気になるならない物質:<% rtrackback_title>(10/02)
  • しょうゆをあげる:<% rtrackback_title>(09/20)
  • みきの日記:<% rtrackback_title>(08/27)
  • 健康食品の栄養事典:<% rtrackback_title>(08/09)


  • ARCHIVES
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (5)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (9)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (19)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (9)


  • CATEGORY
  • 未分類 (3)
  • 健康管理 (48)
  • 通院記録 (22)
  • 過去の経緯まとめ (0)
  • 健康ネタ・雑談 (16)
  • ブログ管理 (5)


  • LINKS
  • 一日一善
  • レナの日記 ☆別館☆
  • いしはらの日常
  • IgA腎症ブログ
  • 低たんぱくの食事
  • おきらくじん★慢性腎炎ですけど…な毎日
  • 華好の一期一会な日常?
  • 内部疾患者・内部障害者の暮らしについて考えるハート・プラスの会
  • borta's blog


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    腎臓に優しい演奏会です!
    ↓でも告知させていただきました、ワタクシが立ち上げましたマンドリン五重奏団les Cinq(レサンク)の演奏会ですが、休憩時間にデザートをお出しいたします。

    そこで、代表者(エラそう・・)のワタクシの権限で、そのデザートの一部をこんなものにしてみました。

    4)ムースアガロリー

    腎臓に優しいたんぱく質0、2gのムース状デザート

    味は、

    マンゴー、洋ナシ、レモンレアチーズ、プレーンヨーグルト、ブルーベリー、いちごミルクの6種類

    ・腎不全、透析患者では、たんぱく質、リン、カリウム制限のため敬遠されていた乳製品デザートとして、初めて、高エネルギー、低たんぱく、低リン、低カリウムを実現しました。

    ・1カップ67gあたり、エネルギー160kcal、たんぱく質0、2g、カリウム23~41mg、ナトリウム21~23mg
    ・いちごミルク味、マンゴー味、プレーンヨーグルト味、レモンレアチーズ味、ブルーベリー味の5種類

    というわけで、一般のデザートはおそらく6~9g程度のたんぱく質があるものと思われますので、

    「ちょっとな~・・・」

    っていう方は、こちらを召し上がっていただけます!

    それからフリアンという焼き菓子もあり、こちらはたんぱく質2~4g程度だと思いますので、比較的とっつきやすいかもしれません。

    というわけで、もしよろしければ、デザートの様子見がてら、ぜひ聴きに来てみてくださいませ。

    (お客様はワタクシたちメンバーの知人ばかりというわけでもないので、お気軽にご入場いただけます♪)

    マンドリン五重奏団 les Cinq結成演奏会

    日時:2005年12月17日 開場:15:00 開演15:30
    場所:日本福音ルーテル小石川教会
    http://www.din.or.jp/~kenmiura/
    (JR山手線巣鴨駅徒歩10分、都営三田線千石駅徒歩5分)
    入場料:当日券のみ500円(ステキなお茶菓子付き!)

    ※前売り券の販売はいたしません。ご了承ください。

    【曲目】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.3-6(A.Vivaldi)
    「目覚めよ、と叫ぶ人の声あり」BWV465(J.S.Bach・久松祥三編)
    セントポール組曲(G.Holst・安藤雅人編)

    (休憩 ステキなお茶菓子をどうぞ!)

    チェチェリアーナ"マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲"(C.Mandonico)
    組曲「ドリー」(G.Faure・安藤雅人編)

    les Cinqホームページ http://www.geocities.jp/tso_memo/les_Cinq.html

    スポンサーサイト
    【2005/12/17 00:19】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

    健康管理とは関係ないんですが・・・
    自分が設立発起人の五重奏団の演奏会がありますので、告知させてください。

    腎臓病で頑張ってる仲間の皆様におかれましては、tatecchoあっとまーくyahoo(以下略)までメールいただければ特別無料招待といたしますので、ぜひいらしてください~!

    マンドリン五重奏団 les Cinq結成演奏会

    日時:2005年12月17日 開場:15:00 開演15:30
    場所:日本福音ルーテル小石川教会
    http://www.din.or.jp/~kenmiura/
    (JR山手線巣鴨駅徒歩10分、都営三田線千石駅徒歩5分)
    入場料:当日券のみ500円(ステキなお茶菓子付き!)
    ※前売り券の販売はいたしません。ご了承ください。

    【曲目】
    ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」Op.3-6(A.Vivaldi)
    「目覚めよ、と叫ぶ人の声あり」BWV465(J.S.Bach・久松祥三編)
    セントポール組曲(G.Holst・安藤雅人編)

    (休憩 ステキなお茶菓子をどうぞ!)

    チェチェリアーナ"マックス・ローチの主題に依る10の変奏曲"(C.Mandonico)
    組曲「ドリー」(G.Faure・安藤雅人編)

    les Cinqホームページ http://www.geocities.jp/tso_memo/les_Cinq.html


    なお、「お菓子」については、低たんぱくのものをいくつか、ご用意しておこうと思っています!

    以下、つい先ほど書いてたプログラム用原稿(ボツくさいのですが・・・)(^^;)

    ※プライバシー保護のため、固有名詞を一部ぼかしてあります

    【les Cinq結成に当たって】
    les Cinqは、2004年8月に東京で結成されたHMDTSO(Mn)・FRYSNK(Mn)・ANDMST(Md)・タテラッツィ(Mc)・KMDHRYK(Gt)から成るマンドリン五重奏団です。
    メンバーはそれぞれ日頃は社会人マンドリンオーケストラ(リベルテ、東京ツプフアンサンブル、“未完成』等)に所属し、活動しています(コンサートマスター及びパートトップを担当)。
    私たちは普段、マンドリンオケという大きな編成で音楽を奏でています。しかし、中には小編成のアンサンブルで表現できる、いやむしろそうした編成の方が向いている音楽がたくさんあることを知りました。また、指揮者なしの小アンサンブルで、お互いに呼吸を合わせてじっくりと音楽を作っていく作業は、非常に多くの困難を抱えつつも、とてもやり甲斐のある作業であることも、知りました。そうした経験を日常的に体験する場を求め、そして我々はles Cinqを結成しました。

    【les Cinqのコンセプト】
    les Cinqとはフランス語で「5つの・5人の」という意味です。
    近代音楽史を紐解くと、20世紀初頭のフランスに「6人組」という作曲家グループが存在したことがわかります。我々の名は僭越ながら、彼ら「6人組」に由来しております。
    オーリック・ミヨー・プーランク・オネゲル・タイユフェール・デュレから成るこのグループの存在は、ご存知ない人の方が多いかもしれません。というのも、彼らが活躍した20世紀初頭と言えば、ワーグナー風の濃厚で劇的な作品や複雑難解で革新的な現代音楽が幅を利かせていた時代です。そんな時代にあっても彼らは「無駄な装飾を捨てた簡素で率直な表現、明晰な構造、民衆的な笑いと知恵、日常性に根ざした芸術」を目指しました。しかし、そんな彼らの姿勢は時代に受け入れられず、「偉大でも革新的でもない、取るに足らないもの」として、音楽史の上では切り捨てられることになったのです。しかし、時代が変わり、技法の革新にばかり目が行っていた現代音楽の歩みが行き詰ってしまった今、6人組の気取りのない自然体の音楽は、次々と見直されるようになってきています。
    我々がこのles Cinqで表現したい音楽、それは「孤高の天才の芸術」ではありません。フランス6人組が目指した「等身大の若者のメッセージ」を発信できればと思います。そして、お客様が演奏者と一緒に至福の午後の時間を感じることができる、そんな手作り感覚の演奏会を目指しています。
     
    【les Cinqで演奏していきたい音楽】
    私たちは普段、大合奏のマンドリンオケの中にあって、重厚で時には激しい感情表出を伴うような音楽をよく演奏します。そうした体験は確かに非常に魅力的なものです。しかし私たちは、大編成ではなかなか演奏されない、「明晰な構造を持った古典音楽」や、「近現代音楽の中でも、鮮やかで親しみやすい響きを持った作品」の中に、マンドリン合奏に適したものがまだまだたくさんあるのではないか?と考えました。

    具体的なレパートリーとしては、
    ・バロック、古典音楽
    ・バロック、古典音楽への回帰を志向した近現代の音楽

    を中心に取り上げていきたいと考えています。

    les Cinq 設立発起人 タテラッツィ


    【2005/12/08 02:17】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    体調
    扁桃腺を摘出したノドが術後9日目にして、過去最大の痛みって、これどういうことよ??

    手術翌日より痛いのです。
    仕事復帰したり、いろいろムリが重なったからですかね?
    食事も堅いものに移行しつつありますし。

    本日22:00
    体温 36、7度
    血圧 106-73
    脈拍 78

    体調 ウルトラ激ワル(とか書いてる暇あったら、とっとと寝ろ!)
    【2005/08/04 01:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。